写真:NASA Goddard Space Flight Center

インターネット生放送で無料授業

「宇宙起業家」養成カリキュラム

- 日本のイーロン・マスクは、インターネット学習から輩出する -

『宇宙で人類が暮らす』という未来を、さらに早めたい

業界の実情として、宇宙周辺事業に従事したい人は現状多く、今後さらに増えていくと予想されています。
事実、米国ではこの10年で従来のNASAの予算で宇宙プログラムを実現する型から、
国際宇宙ステーションの貨物便サービスにみられるようにNASAが民間からサービスを購入するというパラダイムシフトがあり、
民間企業による小型衛星の実利用やサブオービタル機による宇宙旅行の実現など、宇宙市場の拡大が期待されています。

しかし、近未来に「宇宙で暮らす」という人類の新しい一歩を踏み出すためには、まだイノベーションが足りません。
宇宙周辺事業に従事したい人は多くいるにも関わらず、“企業が少ない”ため、働き口が制限されてしまうのです。

業界構造が抱える課題を、“学び”で解決する

「宇宙周辺事業」で起業するために必要な知識を、インターネットで無料開放し、「宇宙事業を行う民間企業」を社会に増やすこと。
そして、宇宙で暮らすという人類の大きな1歩をより早く実現させること。

学習カリキュラム開放を通じた「イノベーションの加速」こそ、このカリキュラムの目的です。
さあ、人類の新しい1歩の作り方を、一緒に学んでみませんか?

- 生放送で無料授業 -

「宇宙起業家」養成カリキュラム:全5回授業


8月22日(金)- 9月19日(金)まで毎週金曜21:00-22:00に生放送授業を開講します

※生放送は全て無料、録画を2コマ以上受講する場合
月額980円のプレミアム会員に登録していただく必要がございます

「宇宙起業家」養成カリキュラム:先生紹介


ティーチングアシスタント紹介


KAZUO ISHIGAME

石亀 一郎

アストロプレナー代表

学部1年より、海外の宇宙ベンチャー最新ニュースを発信する日本唯一のメ ディア「astropreneur.jp」を運営。

SpaceXやVirgin Galacticといった海外ベンチャーのプレス・リリースを日 本語に翻訳、編集、年間80本以上のニュースを発信。また、メディアのスピ ンアウト企画として、国内外の宇宙ベンチャー関係者を招き、「宇宙ビジネ スセミナー」を4回に渡って開催。

のべ参加者数は120名を越え、理学研究、ファッション、芸術、保険、金融 、IT、ハードウェア関連で宇宙ビジネスに興味のある新しいコミュニティ作 りに成功。現在は大学2年次を休学し、スマートフォンアプリケーションの スタートアップで修行中。

astropreneur.jpとは?

astropreneur = astro(宇宙)+entrepreneur(起業家) = ”宇宙起業家”。
日本において宇宙ビジネスにコミットするコミュニティの形成と、その周辺ニーズを満たすことを活動指針としたチーム。
・国内外の宇宙ベンチャー最新情報を発信するastropreneur.jp(http://astropreneur.jp/)の運営
・宇宙ベンチャーに関連するセミナー、及びカンファレンスの運営
を行っている


- 「宇宙起業家」養成カリキュラムを応援する -