Webサービスのローンチ前後に発生する問題と対策

第3回|あなたのWEBサービスは大丈夫?ローンチ前に知りたい商標・サービス名・ビジネスモデル特許に関する正しい考え方

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全4回 2014年7月23日公開
    あなたのWEBサービスは大丈夫?ローンチ前に知りたい商標・サービス名・ビジネスモデル特許に関する正しい考え方

    「商標」や「特許」。皆さんはその名前を聞いたことがあると思いますが、「自分の会社には関係ないかな・・・」と考える方が少なくありません。また、「ビジネスモデル特許」については、その内容を誤解している方が驚くほど多いのが現状です。

    例えば、

    ・サービス名が有名になって利益が出てきたら商標出願すればいい?
    ・他社の登録商標と同じではないから、使っても大丈夫?
    ・新しいビジネスの仕組みを考えたら特許が取れる?
    ・自社製品の新機能が顧客から評判がいいので、特許を取ってみたい?

    といったように、うっかりやってしまいそうな考え違いは、起業家の方であれば、おさえておくべきことです。

    ITスタートアップとして起業する方々も例外ではなく、特許を侵害していたり商標の問題でリリースできなかったりして、泣く泣く事業プランを大きく変更してしまう、というケースは少なくありません。また、本当は特許が取れる可能性があるのに、ちょっとした勘違いで特許が取れなくなってしまうというケースもあります。

    本授業では、商標および特許についての基本的事項と、無防備でいる場合のリスク、ビジネスモデル特許に関する正しい考え方をお話しする予定です。

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!