Webサービスのローンチ前後に発生する問題と対策

第4回|ITスタートアップが知っておくべき、WEBサービス開発における著作権法上の注意点

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全4回 2014年8月6日公開
    ITスタートアップが知っておくべき、WEBサービス開発における著作権法上の注意点
    人が創作した文章やイラスト、会社が開発したソフトウェアなどに著作権という権利が発生することは多くの人が知っています。しかし、著作権とは具体的にどのような「権利」なのか、どのような場合にその「権利」を侵害してしまうことになるのかを理解している人は、それほど多くないのではないでしょうか。
     
    スタートアップにとって、
     
    ①自分が提供するサービスが他人の著作権を侵害していないこと
    ②自分がサービスを提供するために必要なシステムの著作権をきちんと確保しておくこと
     
    この2点はとても重要です。
     
    そこで、この授業では、著作権とは具体的にどのような権利なのかを学んだ上で、特にインターネットサービスを念頭において、スタートアップが他人の著作権を侵害しないようにサービスを提供するためにはどのような点に注意すべきなのか。その考え方のポイントを解説します。
     
    また、著作権とは誰に発生する権利なのかを学んだ上で、特にサービスのシステム開発を他社に委託するといった事例を念頭において、スタートアップが自分のサービスに必要な著作権をきちんと確保するためにはどのような点に注意すべきなのか。その考え方のポイントを解説します。
     
    この授業を通じて、著作権に「強い」スタートアップを目指しましょう!
     

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!