消費者データに基づく、トレンド予測マーケティング

プランニングとは、未来を創ることです。

プランナーには未来を構想する力が求められます。

未来を構想するためには過去から今を知る必要があります。

過去から今を知るためには調査データをどう読むかが重要になります。

私たちは、これまで、様々な企業の商品開発やマーケティング、ブランディングのお手伝いを数多く行って来ました。その際に「よげんの書」という未来予想レポートを提出し、過去から今のデータを元に、未来を考えるための前提となるキーワードを提示します。これをプロジェクトメンバーの共通の 問題意識として捉え、プロジェクトの方向性を共有するのです。

今回の授業は「消費生活『よげんの書』」として、過去のデータや事象をもとに未来を考える20のヒントを提示し、それを元に、これから何が起こる のかを、皆さまと共に考えてみたいと思います。

この授業を、企業のマーケティングのご担当者、商品企画などに関わる方々、広告会社等で企画の仕事をされている方、および、マーケティングを学ぼ うと考えられている方々に聞いていただけると嬉しいです。

詳細を開く