9/30(Wed)

今日の生放送

mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】

mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】

2015年4月16日公開

120min

mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】

おためし受講する(5分)無料

コース概要

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう!

数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。

今回は前回作成した入力画面の結果をAndroidに組み込まれたデータベースに保存します。

利用する要素としてはデータベースを主に扱います。

これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。

事前準備

開始前に下記を実施しておいてください。

必須

  1. AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html)
  2. 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする

推奨

実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく

ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します)

教材

http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/

https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App

タイムテーブル

19:20 ゲストインタビュー
19:30 授業開始
20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!)
21:30 授業終了

ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。

難易度

カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。

具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。

  • アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア
  • しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人
  • Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人
  • 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人
  • iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人
  • gitをひととおり使うことができる人

こんな人にオススメ

Androidアプリを開発してみたいエンジニア

担当の先生

参加したい受講生 : 175

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

mixi Android Trainingに参加しよう! 【TODOアプリを作ってみよう〜その3】

2015年4月16日公開

120min.

ミクシィエンジニアのAndroidアプリ開発入門勉強会に、参加しよう!

数回に分けて、TODOアプリの実装を行うシリーズになります。 最初は決められたデータを一覧表示するだけの仕様から始めて、機能を追加していく上で、 各機能ごとに必要な知識をAndroidTraingの教材を参照しながら学ぶ形式になります。

今回は前回作成した入力画面の結果をAndroidに組み込まれたデータベースに保存します。

利用する要素としてはデータベースを主に扱います。

これらの資料を予習しておくと理解が進むと思います。

事前準備

開始前に下記を実施しておいてください。

必須

  1. AndroidStudio1.0以降のインストール及び、Android SDK Manager のセットアップ(はじめての方はこちらを参考に環境構築をお願いします http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html)
  2. 課題、実習用のリポジトリ ( https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App )をフォークしたものgit cloneする

推奨

実習プロジェクトをAndroidStudioで開いておく

ListViewにカスタマイズしたリストアイテムを表示することができる状態にしておくこと(using-listviewブランチにこの状態のものは用意されていますが、できるだけmasterの状態から自分で作成することを推奨します)

教材

http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/

https://github.com/mixi-inc/AndroidTraining-TODO-App

タイムテーブル

19:20 ゲストインタビュー
19:30 授業開始
20:30 質問タイム(スクーからの質問も受け付けます!)
21:30 授業終了

ゲストインタビューは登壇者が決まり次第こちらでお知らせします。

難易度

カリキュラム全くのプログラミング未経験者は想定外としていますが、授業と並行して独学で基礎は勉強できるという人は大丈夫だと思います。

具体的には以下のような人を対象者として教材の難易度が設定されています。

  • アプリの開発をやったことがないけど、これからやりたいweb系エンジニア
  • しばらくアプリ開発してないから色々忘れたけど、またやり始めたいリハビリ目的の人
  • Androidでひとおりの事はやってきたつもりだけど、基礎からやり直したい人
  • 古いスタイル、環境でずっとやってきたので、最近の開発スタイルを学習し直したい人
  • iOSアプリやってるけど、Androidアプリもやってみたい人
  • gitをひととおり使うことができる人

スライド資料

プレミアム生放送

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ