Webデザインのための配色セオリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webデザインのための配色セオリー
第1回:2013年10月4日公開 01:30:00

Webデザインのための配色セオリー

受講する

デザインを考えるとき、「色」という要素を避けて通るわけには行きません。

色には、その色の持つ固有のイメージがあり、機能があり、さらにそれらを組み合わせることで見る人に大きな影響を与えます。

本授業では、このとらえどころの難しい「色」の正体を明らかにし、配色のセオリーの基本を90分で学んでいただきます。

配色は「センス」だと思われがちですが、あらかじめいくつかのセオリーを知っておくことで、誰でも機能的で印象の良い配色を行うことが可能になります。また、色を選ぶ上での指針となる制作の目的、ターゲット、表現したいイメージなどを最初に確認しておくことも、配色をスムーズに決める重要な要素だと言えるでしょう。

今回は「正確な色の表現」「色の働きと機能」「配色の実践」の3つのテーマで、それぞれ実例を交えながら授業を進めます。

特にWebデザインにおいては、色の機能性はアクセシビリティに直結する重要なファクターです。「なんとなく」ではなく、画面のすみずみまで計画された自信を持てる配色デザインを目指して授業に臨んでください。

授業一覧
Webデザインのための配色セオリー
2013年10月4日公開
01:30:00

デザインを考えるとき、「色」という要素を避けて通るわけには行きません。

色には、その色の持つ固有のイメージがあり、機能があり、さらにそれらを組み合わせることで見る人に大きな影響を与えます。

本授業では、このとらえどころの難しい「色」の正体を明らかにし、配色のセオリーの基本を90分で学んでいただきます。

配色は「センス」だと思われがちですが、あらかじめいくつかのセオリーを知っておくことで、誰でも機能的で印象の良い配色を行うことが可能になります。また、色を選ぶ上での指針となる制作の目的、ターゲット、表現したいイメージなどを最初に確認しておくことも、配色をスムーズに決める重要な要素だと言えるでしょう。

今回は「正確な色の表現」「色の働きと機能」「配色の実践」の3つのテーマで、それぞれ実例を交えながら授業を進めます。

特にWebデザインにおいては、色の機能性はアクセシビリティに直結する重要なファクターです。「なんとなく」ではなく、画面のすみずみまで計画された自信を持てる配色デザインを目指して授業に臨んでください。

タグ
担当の先生
この授業を受けたい(632人)
その他 555人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×