アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術

第1回|アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術 -前編-

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • 自己紹介&アジェンダ
  • 00:00:14〜(06:04)
  • アンガーマネジメントとは
  • 00:06:18〜(04:00)
  • 怒りのメカニズムを知ろう
  • 00:10:18〜(06:03)
  • 問題となる4つの怒り
  • 00:16:21〜(06:02)
  • アンガーマネジメント暗号 怒りの感情のピーク
  • 00:22:23〜(08:17)
  • アンガーマネジメント暗号 私たちを怒らせるもの
  • 00:30:40〜(06:35)
  • アンガーマネジメント暗号 イライラの原因
  • 00:37:15〜(07:09)
【後半】質疑応答
  • Q:「怒る」と「キレる」とは、どう違うのでしょうか?
  • 00:44:52〜(00:46)
  • Q:6秒待ったらその瞬間は抑えられても、状況が変わらなかったら怒りが炭火のように燃え続ける気がするのですが
  • 00:45:38〜(00:45)
  • Q:明らかに怒りの伝染の源になっている人がおり、皆が居心地が悪い思いをしています。周りはどのように対応すればいいのでしょうか。
  • 00:46:23〜(01:52)
  • Q:相手を変えようとしないことが重要なのはわかりますが、相手が自分を変えようとしていて、変わらないことに怒りをぶつけられたときはどうすればよいでしょうか?
  • 00:48:15〜(01:24)
  • Q:時折、過去の怒りが蘇ってきてどうしようもなくイライラしてしまいます。この時も6秒待つようにすればいいのでしょうか?
  • 00:49:39〜(01:34)
  • Q:特定の方に嫌がらせをされてから相手を標的に怒っています。相手から謝罪がなく状況が変わらないのですが、どうしたらいいのでしょうか?
  • 00:51:13〜(01:34)
  • Q:「許容する」と「諦める」は同じですか?
  • 00:52:47〜(01:33)
  • Q:アンガーマネジメントを学ぶ事によって、結局私たちはどうなるのでしょうか?
  • 00:54:20〜(01:02)
  • Q:先生自身が一番利用しているアンガーマネジメント暗号はなんですか?
  • 00:55:22〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全2回 2016年1月18日公開
    アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術 -前編-

    誰にでも「怒った経験」はあると思いますが、良い思い出がある方はいないのではないのでしょうか。
    喜怒哀楽という人間の基本感情の中でも、怒りは人に様々な形で影響を与えるものです。
    怒ってしまって人との関係が悪くなったり、人生やキャリアに大きな傷跡を残してしまうこともあります。

    この授業では、「アンガーマネジメント」というアメリカ生まれの怒りをマネジメントする手法を軸に、皆さんのコミュニケーションがもっと円滑にするための考え方やノウハウをお伝えします。

    受講生代表

    • 新井 利佳

      新井 利佳

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!