アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術

第2回|アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術 -後編-

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • 自己紹介&アジェンダ
  • 00:00:14〜(07:09)
  • アンガーマネジメントの3つの暗号:6秒
  • 00:07:23〜(03:01)
  • アンガーマネジメントの3つの暗号:三重〇
  • 00:10:24〜(03:56)
  • アンガーマネジメントの3つの暗号:分岐
  • 00:14:20〜(03:20)
  • 怒られるとは
  • 00:17:40〜(02:00)
  • うまく怒られる5つのテクニック:「でも」「しかし」と言わない
  • 00:19:40〜(03:46)
  • うまく怒られる5つのテクニック:謝りすぎない
  • 00:23:26〜(04:34)
  • うまく怒られる5つのテクニック:いきなり怒りの理由を質問しない
  • 00:28:00〜(03:00)
  • 人は怒りをわかってほしい
  • 00:31:00〜(04:40)
  • うまく怒られる5つのテクニック:怒り爆発の前兆に早目に気付く
  • 00:35:40〜(02:20)
  • うまく怒られる5つのテクニック:怒られてもいいけど嫌われないこと
  • 00:38:00〜(08:47)
【後半】質疑応答
  • Q:内容が仕事の内容の出来不出来ならともかく、人格を中傷してくるような内容なら、我慢して聞く必要ないと思うのですが、こういった場合はどう対応すればよいでしょうか?
  • 00:46:52〜(03:08)
  • Q:理不尽な理由で怒ってきたときの人への対応方法について
  • 00:50:00〜(01:23)
  • Q:急いでいるときに怒られてるときの対処法について教えて下さい
  • 00:51:23〜(01:30)
  • Q:同僚で上司に仕事のミスを指摘されると言い訳をダラダラという人がいます。やはり、防衛本能が働いているのでしょうか?
  • 00:52:53〜(01:53)
  • Q:怒る側は怒る感情を上手く伝えるポイントはありますか
  • 00:54:46〜(01:34)
  • Q:先生の中で怒ると叱るは別の認識ですか?
  • 00:56:20〜(02:00)
  • Q:「まず誤る」というのは、例えばどの程度が良いでしょうか?
  • 00:58:20〜(01:02)
  • Q:八つ当たりのターゲットにされやすいです。上手い交わし方や、嫌われずに振舞うコツはありますか?
  • 00:59:22〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全2回 2016年1月25日公開
    アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術 -後編-

    誰にでも「怒った経験」はあると思いますが、良い思い出がある方はいないのではないのでしょうか。
    喜怒哀楽という人間の基本感情の中でも、怒りは人に様々な形で影響を与えるものです。
    怒ってしまって人との関係が悪くなったり、人生やキャリアに大きな傷跡を残してしまうこともあります。

    一限目では自分が「怒る」側として授業を行いました。 今度は、自分が「怒られる」側になったと仮定した授業をしたいと思います。 アンガーマネジメントの考え方を取り入れながら、上手く怒られるためのテクニックをご紹介します。

    受講生代表

    • 田原 彩香

      田原 彩香

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!