おためし受講中

レスポンシブWebデザインの実装における、よくある間違い・嘘・真実

*HTML,CSSの基本、レスポンシブWebデザインでの制作、ディレクションの経験がある方におすすめ*

Webサイト制作において、レスポンシブWebデザインは主流になっています。

しかし現在でも、レスポンシブWebデザインのメリットとデメリットが誤って記載されているブログや記事が多く存在し、 本当にレスポンシブWebデザインで実装していいのか?と制作者が悩んでしまっているケースをたくさん見受けます。

一般的にデメリットとされている内容も、既に解決済であることが少なくありません。
あなたが抱えている不安や課題も、最新のレスポンシブWebデザインに関する知識不足による誤解であることが多いのではないか?と考えています。

今回の授業では、 レスポンシブWebデザインを実装する際に、よくある間違い・勘違いについてしっかり学んでいただきます。

■この授業で学べること

レスポンシブWebデザインにおいて、5つの「よく言われるデメリットとその真実」について解説します。

1)ユーザーメリットがないのでは?
>デバイス毎にレイアウトや操作方法が変わってしまうことを嫌うユーザーがいる

2)サイトの容量が大きくなる
>パソコンと同じサイトを見せるので情報が多くなってしまうのでは?

3)レイアウトやデザインの自由度が低い
>テーブルの表組などの見せ方はどうする?

4)ユーザビリティ面でもマーケティング面でも「最適化」ではない
>振り分けると最適なコンテンツ表示ができるはず!

5)大手企業サイトには向いていないのでは?
>ランディングページには向いていると聞くけど?

参考サイト/予習教材

レスポンシブWebデザインの実装における、よくある間違い・嘘・真実(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    03:19  (00:29 ~ )
    なぜ重要?
    02:42  (03:48 ~ )
    RWDを取り巻く状況
    11:55  (06:30 ~ )
    スマートテレビ
    15:57  (18:25 ~ )
    RWDの5つの「よく言われるデメリットとその真実」
    01:13  (34:22 ~ )
    1,ユーザーのメリットがないのでは?
    06:05  (35:35 ~ )
    2,サイト容量が大きくなる
    12:01  (41:40 ~ )
    3,レイアウト/デザインの自由度が低い
    04:19  (53:41 ~ )
    4,ユーザビリティでもマーケティングでも最適にならない
    06:50  (58:00 ~ )
    5,大手企業にむいてない?
    05:25  (1:04:50 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:他書を読む上での注意点を教えてください
    02:27  (1:11:11 ~ )
    Q:em,remでやるとお話があったんですが、自分はインチサイズで振り分けたりとか考えてました
    00:53  (1:13:38 ~ )
    Q:photoshop作業とコーディングの境目は、どのようにされてますか?
    01:34  (1:14:31 ~ )
    Q:レスポンシブにして、その後、改善した方がいいと思ってした事はありますか?
    03:55  (1:16:05 ~ )
    Q:XPの正式サポートが終了して、IE6~8とかは、もう全然意識しなくてよくなりますか?
    02:25  (1:20:00 ~ )
    Q:先生が一番好きな、もしくはこれは凄いって思う、レスポンシブなサイトとかありますか?
    04:13  (1:22:25 ~ )
    Q:レスポンシブでは全体の工数が読み辛いですが、慣れるもんでしょうか
    03:02  (1:26:38 ~ )
    課題発表
      (1:29:40 ~ )