タニケイ式英文速読トレーニング

第1回|タニケイ式英文速読トレーニング -5ステップ速読トレーニング理論編-

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • 自己紹介
  • 00:01:18〜(01:59)
  • 現在地とゴールを確認しよう
  • 00:03:17〜(06:05)
  • 授業全体の目的
  • 00:09:22〜(02:24)
  • 速読に必要な3つの力
  • 00:11:46〜(04:07)
  • 5ステップ速読トレーニングとは?
  • 00:15:53〜(02:02)
  • リーディングスピードを測ってみよう
  • 00:17:55〜(05:49)
  • リーディングした内容をどのくらい読めたかチェックしよう
  • 00:23:44〜(05:23)
  • 5ステップ速読トレーニングのルールを確認しよう
  • 00:29:07〜(05:41)
  • 5ステップ速読トレーニングの詳細を確認しよう
  • 00:34:48〜(08:19)
  • 速読トレーニングでつまずいてしまったら?
  • 00:43:07〜(02:40)
  • まとめ
  • 00:45:47〜(01:11)
  • 今週の宿題
  • 00:46:58〜(03:02)
【後半】質疑応答
  • 毎日読む文章は代えた方がいいのでしょうか?
  • 00:50:17〜(01:01)
  • 知らない単語などは、速読中どのように扱えば良いですか?
  • 00:51:18〜(00:56)
  • EnglishCentralの音声を使い、音声ありで速読トレーニングを行っても効果は期待出来そうでしょうか?
  • 00:52:14〜(01:09)
  • 精読の時も、返り読みはダメなのでしょうか。
  • 00:53:23〜(00:50)
  • 発音はどれくらい意識すればよいでしょうか?
  • 00:54:13〜(02:55)
  • 音読はしない方が良いのでしょうか?
  • 00:57:08〜(01:05)
  • 今回の教材はどこから引用してきたのでしょうか?
  • 00:58:13〜(01:21)
  • お知らせ
  • 00:59:34〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全4回 2016年6月3日公開
    タニケイ式英文速読トレーニング -5ステップ速読トレーニング理論編-

    英語のリーディング力を伸ばしたい場合、ある程度までは簡単なもの(ペンギンリーダーズなどのレベル別洋書)を段階的にレベルアップしながらたくさん読んでいくことで、リーディングに慣れていくことが可能です。
    しかし、そうしたレベル別洋書と、大人のネイティブが読む洋書やWeb記事、仕事上の文書などの間には大きな隔たりがあると思いませんか?
     

    使われる構文のバリエーションの多さ(ときには文法書にはないような構文も…)、難しい単語が頻繁に出てくる(一文の中に2つも3つも知らない言葉が…)、ひいては、色々なところが気になって速く読めない、ということになってしまいます。これを克服して、英文を速くリーディングできるようになるためには、トレーニングが必要です。
     

    今回はそのための具体的なトレーニング法をご紹介します。
    私自身が約1ヶ月のトレーニングでTOEFL iBTのリーディング(30点満点)を22点から28点へ伸ばしたトレーニング法です。ぜひ皆さんの英語力を一段ステップアップさせるためのきっかけとして、この授業を受けてください。


    <第1回〜第4回の授業予定>
    第1回:タニケイ式リーディング「5ステップ速読トレーニング」理論編
    第2回:タニケイ式リーディング「5ステップ速読トレーニング」実践編
    第3回:タニケイ式リーディング「ボキャブラリー強化法」
    第4回:タニケイ式リーディング「電子書籍活用法」


    ■特にこんな方におすすめ!
    ・英語のリーディング力を伸ばしたい方
    ・文法力や基礎的な単語力はあるけれども、長文を速く読むことが苦手な方
    ・Kindleの電子書籍を活用したリーディング法を知りたい方
    ・ボキャブラリをどう強化していけばいいかわからない方
    ※現状レベルにかかわらずご参加いただけますが、文法力や基礎的な単語力がある方(目安:TOEIC700以上)を対象としたトレーニングです。

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!