チームで成果を出すためのコーチング

第1回|チームで成果を出すためのコーチング -今求められるコーチ型リーダーとは-

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    上記ファイルをダウンロードし、「組織とコーチ型リーダーのアセスメント」をご活用ください

    ※授業以外での利用は禁止します

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • 自己紹介
  • 00:00:41〜(01:27)
  • アジェンダ
  • 00:02:08〜(01:29)
  • チームで成果を上げるために必要なこと
  • 00:03:37〜(00:28)
  • 質問:成果を上げているチームにはどのような特徴があるでしょうか?
  • 00:04:05〜(03:46)
  • 成果を上げる組織の10の特徴
  • 00:07:51〜(02:16)
  • 質問:成果を上げているチームのリーダーにはどういう特徴があるでしょうか?
  • 00:10:07〜(03:07)
  • 成果を上げるリーダーの10の特徴
  • 00:13:14〜(03:47)
  • コーチ型リーダーの特徴
  • 00:17:01〜(00:25)
  • コーチングとは?
  • 00:17:26〜(01:43)
  • コーチングの三原則
  • 00:19:09〜(02:58)
  • コーチ型リーダーが持つべき基本スキル
  • 00:22:07〜(05:18)
  • コーチングの落とし穴
  • 00:27:25〜(00:21)
  • 質問:コーチングをしていてうまくいっていない例はありますか?
  • 00:27:46〜(04:21)
  • 質問コーチングをしていてうまくいかない要因はなにがあるでしょうか?
  • 00:32:07〜(05:10)
  • コーチング相手からフィードバックをもらおう
  • 00:37:17〜(00:37)
  • 実感値の重要性を確認しよう
  • 00:37:54〜(02:30)
  • フィードバックの重要性を学ぼう
  • 00:40:24〜(02:01)
  • フィードバックを受け取る際の4つのポイント
  • 00:42:25〜(03:05)
  • まとめ
  • 00:45:30〜(02:32)
【後半】質疑応答
  • Q,『お互いが見ている世界を共有する』は、「着眼点が違うことにより、お互いの見え方が違っていることを共有する」という解釈で良いのでしょうか?
  • 00:48:17〜(01:09)
  • Q,行動を起こせるような質問って難しそうですが、例えばどのような形があるのでしょうか
  • 00:49:26〜(02:12)
  • Q,先生がお考えのリーダー像は、従来の日本型社会から見られる傾向に沿ったものなのでしょうか?それとも、グローバル化された社会の中で求められるものなのでしょうか?
  • 00:51:38〜(01:45)
  • Q,先生がコミュニケーションを取る際に気をつけてることはありますか?
  • 00:53:23〜(01:01)
  • Q,教えてもらうのはいいのですが、自分に厳しい意見だと聞くのがつらくなりそうです。気持ちの持ち方や、みんなの意見を聞くときの意識の持ち方などが知りたいです。
  • 00:54:24〜(02:22)
  • 学んだ投稿:なんでもいいから教えて、ではなく、目的や対象を明確にすることが大切なんですね
  • 00:56:46〜(01:49)
  • お知らせ
  • 00:58:35〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全3回 2016年6月13日公開
    チームで成果を出すためのコーチング -今求められるコーチ型リーダーとは-

    リーダーとして、マネージャーとして、「チームや組織で成果を上げたい」と思うのは必然です。そのために「部下の主体性を高めたい」「組織を活性化したい」とお考えの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?その中で、コーチングをマネジメントにうまく取り入れている「コーチ型リーダー」が今、高い成果を上げていると注目されています。

    そこでこのコースでは、「チームで成果を出すためのコーチング」について全3回の授業で学びます。

    第1回目の今回は、「コーチ型リーダーの特徴」、「今『コーチ型リーダー』が求められる理由」、そして「コーチングによって期待できる成果」をイメージしていただいた上で、ご自分のコーチ力や、チームの活性度を整理していきます。

    授業を通して、チーム、そして部下や後輩が成果を上げるために明日からできるコーチングスキルを身に付けましょう。

    ■授業アジェンダ
    ・『コーチ型リーダー』の特徴
    ・なぜ、今『コーチ型リーダー』が求められているのか?
    ・リーダーのコーチ力と、チームの活性度の関連性
    ・リーダーとしてのコーチ力を明らかにする
    ・チームの活性度を明らかにする ・事例からコーチングの効果
    ・成果を知る
    ※アジェンダは、当日予告なしに変更される可能性がございます

    受講生代表

    • 大木 しのぶ

      大木 しのぶ

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!