Webサーバー運用のためのLinux実践

第2回|Webサーバー運用のためのLinux実践 -2回目-

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

授業の概要
  • 自己紹介
  • 00:01:07〜(00:41)
  • もくじ
  • 00:01:48〜(00:44)
  • ゴール設定
  • 00:02:32〜(00:58)
  • 1限目のおさらい
  • 00:03:30〜(00:11)
  • ブートシーケンス
  • 00:03:41〜(04:37)
  • 起動モードの切替
  • 00:08:18〜(02:13)
  • トラブルシューティング
  • 00:10:31〜(00:11)
  • 起動ログの出力
  • 00:10:42〜(08:04)
  • 紛失が招くインパクト
  • 00:18:46〜(11:41)
  • rootパスワード紛失
  • 00:30:27〜(02:22)
  • rootパスワード変更
  • 00:32:49〜(12:55)
  • まとめ
  • 00:45:44〜(02:53)
Q.余談になるでしょうが、今はUbuntuやCentOSの独壇場のように感じますが、昔あったTuboやVineやRedHatはどうなったのでしょうか
  • Q.リポジトリというのが難しくてよくわからなかった経験があるのですが、 初心者にもわかるように教えていただければ幸いです。 良くリポジトリの問題でエラーが出るのですが、難しくてよくわかりません。
  • 00:52:02〜(04:04)
  • Q.今回勉強した方法を使うと、コンソールにアクセス出来る人であれば誰でもrootパスワードの変更(リセット)が可能になってしまうということなのでしょうか?
  • 00:56:06〜(01:33)
  • Q.AIの進歩でネットワークの運用監視は今後人間が行わなくなると聞いたのですが、サーバの方も同じでしょうか? 設計は今後も全く影響を受けないと思いますが、構築ももし受けるのであれば、設計に行かないと今後かなり厳しい時代になると思いますか? クラウドコンピューティングの影響もあり3分の2くらいにインフラエンジニアは縮小されるのでしょうか?
  • 00:57:39〜(01:52)
  • お知らせ
  • 00:59:31〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全8回 2016年12月18日公開
    Webサーバー運用のためのLinux実践 -2回目-

    2回目は、Linuxシステムのrootユーザーパスワードを忘れてしまった状況を想定して、systemdによるサービス制御前の、initramfsを利用した一時的なrootfsマウントの状態を保った上でパスワードリセットトラブルシューティング方法を学習します。


    当該内容を学習することで、仮にrootパスワードが忘れることによるシステム変更不可の問題を独力で解決できるようになります。


    ※2回目の授業は、1回目の授業の続編に位置していますので、事前に1回目の授業の受講を推奨します。

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!