イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書

第2回|第2回: 方法論としてのデザイン思考

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • 自己紹介
  • 00:01:05〜(01:42)
  • 【ワーク】Good and New
  • 00:02:47〜(04:15)
  • コースの概要
  • 00:07:02〜(03:48)
  • イントロダクション
  • 00:10:50〜(00:00)
  • 今回のアジェンダ
  • 00:10:50〜(00:29)
  • 【ワーク】「方法」と「方法論」 2つの間にある違いとは??
  • 00:11:19〜(03:47)
  • 方法論としてデザイン思考を活用する
  • 00:15:06〜(04:49)
  • ワークショップ
  • 00:19:55〜(00:54)
  • 【ワーク】デザイン・テーマを考えよう!
  • 00:20:49〜(01:04)
  • 1)自社の本業はなにか?
  • 00:21:53〜(10:31)
  • 2)本業をテーマ化する
  • 00:32:24〜(04:56)
  • 3)ユーザーの行動をブレイクダウン
  • 00:37:20〜(06:28)
  • 【質問】皆さんの職種を教えてください
  • 00:43:48〜(02:42)
  • ワークの結論
  • 00:46:30〜(06:25)
  • まとめ
  • 00:52:55〜(01:17)
  • 【ワーク】今日の授業の振り返りをしよう
  • 00:54:12〜(00:41)
【後半】質疑応答
  • 【コメント】誰が、を設定してからの方が、どこで・いつ、が決めやすさそうですよね(汗
  • 00:55:20〜(02:09)
  • Q.今回、Where、When、Whoにフォーカスしましたが、5W1HのWhatとHowをしなかった理由は、方法論ではなく方法を決めてしまうからですか?
  • 00:57:29〜(01:33)
  • 【コメント】私じゃないと、思わせる絞り込みが、私のことだ、と思う人に結びつく。
  • 00:59:02〜(01:41)
  • 【コメント】whoを具体的にせばめる
  • 01:00:43〜(02:32)
  • 次回予告
  • 01:03:15〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全5回 2017年5月13日公開
    第2回: 方法論としてのデザイン思考

    第2回の授業では、第1回目で学んだ知識を踏まえてデザイン思考の手法を解説していきます。デザイン思考を学んでも実際に活用できなければ意味がありません。今回の授業で、自身の業務で実践する上で大切にすべきことを学んでいきましょう。

    【授業の流れ】

    40分/デザイン思考 実践ワークショップ

    20分/質疑応答

    ※授業内容は変更になる可能性があります。変更となった場合は随時こちらのページで更新していきます。

    受講生代表

    • 江川 みどり

      江川 みどり

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!