イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書

第4回|第4回: デザイン思考の活用事例 -企業編-

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • 自己紹介
  • 00:00:55〜(01:50)
  • 全5回のコース概要
  • 00:02:45〜(01:16)
  • ワーク
  • 00:04:01〜(04:34)
  • SAPの紹介
  • 00:08:35〜(06:42)
  • 企業でのデザイン思考について
  • 00:15:17〜(03:21)
  • SAPとデザイン思考の出会い
  • 00:18:38〜(00:54)
  • SAPとデザイン思考の関わり方
  • 00:19:32〜(03:45)
  • 日本企業の方が訪問される理由は?
  • 00:23:17〜(01:24)
  • 日本企業の方を案内して印象に残っていること
  • 00:24:41〜(00:59)
  • 日本企業の方が日本に帰った後の反応
  • 00:25:40〜(02:16)
  • SAPが大きく変われた理由
  • 00:27:56〜(02:25)
  • Q.営業のご経験からも教えてほしいのですが、お客様にデザイン思考のアプローチを理解してもらうのは難しくないですか?
  • 00:30:21〜(02:16)
  • デザイン思考の定義の難しさ
  • 00:32:37〜(00:51)
  • デザイン思考に踏襲した際の考え方の変化
  • 00:33:28〜(01:42)
  • 目先の事ではなく根幹の問題を解決してゆくには
  • 00:35:10〜(01:43)
  • 直ぐ出てくる答えが適切な改善策か?
  • 00:36:53〜(01:53)
  • 置かれた状況の前提を疑う
  • 00:38:46〜(01:53)
  • SAPのオフィスでのミーティングの始め方
  • 00:40:39〜(01:14)
  • マインドを整えるポイント
  • 00:41:53〜(03:52)
  • オススメの本・サイトは?
  • 00:45:45〜(00:56)
  • Q.デザイン思考からでたアイディアをビジネス化に持って行く事に、日本企業ではかなり高いハードルがあると思います。市場性の担保とかが必要みたいな。答えのない世界なのに実現性を事前に用意する意味のなさは理解できるのですが、大きな企業の経営層のマインドセットってどう変化させられるのですか
  • 00:46:41〜(08:24)
  • 振り返り
  • 00:55:05〜(01:22)
  • まとめ
  • 00:56:27〜(03:38)
  • 次回予告
  • 01:00:05〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全5回 2017年7月7日公開
    第4回: デザイン思考の活用事例 -企業編-

    第4回の授業では、デザイン思考がどのように活用されているか、どのようなアウトプットが出ているか、を企業の担当者をお招きして学んでいきます。

    【授業の流れ】

    20分/ゲスト講師からプレゼンテーション

    40分/質疑応答

    ※授業内容は変更になる可能性があります。変更となった場合は随時こちらのページで更新していきます。


    【ゲスト講師 プロフィール】

    小松原 威
    Principal,  SAP Labs -Silicon Valley
     
    東京都出身。慶應義塾大学卒業後、日立製作所を経て、2008年SAPジャパンに入社。営業として主に製造業を担当。2015年よりシリコンバレーにあるSAP Labsに日本人として初めて赴任し、デザイン思考を使って日本企業の変革・イノベーションを支援。ドイツとシリコンバレーの二つの視点から、多くの経営者や政治家、大学関係者に対して、破壊的イノベーションの本質やデザイン思考について啓蒙活動を行っている。


     

    受講生代表

    • 江川 みどり

      江川 みどり

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!