渡邉千佳先生によるコピーライティングの世界 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:25  (00:09 ~ )
キャンペーンのお知らせ
01:10  (00:34 ~ )
自己紹介
03:31  (01:44 ~ )
先生が書いた思い入れのあるコピーとは?
02:51  (05:15 ~ )
先生の心に残っているコピーは何ですか?
01:57  (08:06 ~ )
影響を受けた方はどなたですか?
04:26  (10:03 ~ )
コピーライターとして習慣づけられていることは?
02:07  (14:29 ~ )
先生ならではのコピーを書くコツは?
02:34  (16:36 ~ )
先生がコピーの可能性を感じる瞬間とは?
01:50  (19:10 ~ )
先生が考える「良いコピー」とは?
01:53  (21:00 ~ )
コピーライターのお仕事で目指す世界とは?
03:13  (22:53 ~ )
質疑応答
03:11  (26:06 ~ )
ワークショップ
00:34  (29:17 ~ )
・肩慣らし問題
10:14  (29:51 ~ )
・結婚したくなるコピー
20:17  (40:05 ~ )
次回授業のお知らせ
02:23  (1:00:22 ~ )
エンディング
  (1:02:45 ~ )
【後半】質疑応答
Q.自分の本音とリンクしているかどうか大切ですが、売る対象と自分がずれていたらどうしますか?
00:53  (26:12 ~ )
Q.本当に思っていることは、どうやって自分で判断するんですか?
05:28  (27:05 ~ )
Q.自分の考えたコピーが採用されなかったとき、どうやって乗り越えていますか?
  (32:33 ~ )
渡邉千佳先生によるコピーライティングの世界

東京コピーライターズクラブ(TOKYO COPYWRITERS CLUB)が主催する、2016年度TCC最高新人賞を受賞した渡邉先生。

受賞作品:名もなき一日を走る。長崎バス

TCC最高新人賞とTCC賞をダブルで受賞されるなどのご活躍のなかで培ったコピーの書き方を、講義・ワークショップを通じて教えていただきます。

■授業の流れ

・コピーライティングに関するQ&A
・世の中が良くなるコピーを書くワークショップ

※内容は変更になる可能性があります

先生

渡邊 千佳

ことばに自信の無いかたへ。
わたしはずっと自信がありませんでした。よく聞く「師弟関係」というような、コピーの師匠もいなかった。そんなコピーもやしだからこそ、さぐりさぐり、のたうちまわりながら、実戦で身につけた「たぶんこれが当たってる」ことばを提案できるようになった術があります。少しでもメンタルマッチョになれるような話ができたらと思います。ポイントは「だいじょうぶ、死にゃしない」です。

受講生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF