ミル文字ヨム文字ミセル文字

第3回|3.日本語だけじゃない。ミル・ヨム・ミセル欧文文字

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • オープニング
  • 00:00:14〜(00:44)
  • 自己紹介
  • 00:00:58〜(00:36)
  • アジェンダ
  • 00:01:34〜(00:29)
  • 【先生からの質問】欧文タイポグラフィと和文タイポグラフィの違いは?
  • 00:02:03〜(04:16)
  • 【先生からの質問】欧文タンポグファフィとして正しくない箇所は?
  • 00:06:19〜(05:51)
  • 欧文と欧文組版の特徴
  • 00:12:10〜(00:11)
  • ・正方形ではない規格
  • 00:12:21〜(01:31)
  • ・大文字と小文字で構成される
  • 00:13:52〜(01:25)
  • 【先生からの質問】大文字と小文字の文の使い分けは?
  • 00:15:17〜(04:12)
  • 欧文の組版設定
  • 00:19:29〜(00:08)
  • ・欧文組版
  • 00:19:37〜(01:30)
  • ・ワードスペースとハイフネーション
  • 00:21:07〜(01:58)
  • イタリック体
  • 00:23:05〜(02:57)
  • 【先生からの質問】イタリック体の正しい使用用途は?
  • 00:26:02〜(03:46)
  • 大文字とスモール・キャピタル
  • 00:29:48〜(04:52)
  • 数字
  • 00:34:40〜(03:05)
  • 欧文独自のヒエラルキー
  • 00:37:45〜(09:53)
  • 質疑応答
  • 00:47:38〜(07:12)
  • まとめ
  • 00:54:50〜(02:37)
  • 次回授業のお知らせ
  • 00:57:27〜(01:21)
  • エンディング
  • 00:58:48〜
【後半】質疑応答
  • Q.数字でライニングとノン・ライニングを使い分ける理由がよくわかりませんでした。イメージの問題ですか?
  • 00:47:38〜(01:35)
  • Q.英文で、ニュース記事や本の原書の文章は大文字と小文字が使われているのに対して、アメリカンコミックや海外のグラフィックノベルの原書は台詞文章が全て大文字で打たれていたのですが、決まった意図やルールがあるのでしょうか?
  • 00:49:13〜(01:10)
  • Q.片付けプロのこんまりさんの本、欧米で出された本の題名が、全て小文字で書かれていたのですが、何か意図はありますか?
  • 00:50:23〜(01:09)
  • Q.日本の版画の際に文章が書かれていたかと思いますが、そうしたものは活字にならないのでしょうか?
  • 00:51:32〜(00:57)
  • Q.o や a や e の上に点々があるのは、何ていう字体ですか?
  • 00:52:29〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全5回 2017年10月18日公開
    3.日本語だけじゃない。ミル・ヨム・ミセル欧文文字

    言語が違えばタイポグラフィのルールも変わります。第3回授業では、欧文タイポグラフィについて学びます。欧文タイポグラフィにはグーテンベルク以降600年にわたる歴史が存在し、その組版はやや厳格に定義されている部分もあります。欧文をあつかう機会が日常化している今、あらためてその作法を理解しましょう。

    ====================================
    アジェンダ

    ■欧文タイポグラフィについて
    ・正方形ではない規格
    ・大文字と小文字で構成される文章
    ・和文とはちがう行送り・行長の設定
    ・ワード・スペースとハイフネーションの関係
    ・イタリック体のあつかいかた
    ・スモール・キャピタルの存在
    ・ノン・ライニング数字とライニング数字
    ・欧文独自のヒエラルキー

    ====================================

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!