動画メディアマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画メディアのトレンド
第1回:2017年10月5日公開 01:00:00

動画メディアのトレンド

受講する

この授業では企業のマーケティング部門にいる方や広告代理店のアカウントプランナーの方など広告業界で働く方を対象として、動画メディアマーケティングについて学びます。

この授業を受けることで、動画Webメディアの最新のトレンドや動画メディアの立ち上げ方について知ることができます。クライアントへの提案や、動画メディアへの出稿プランニング、自社で動画オウンドメディアを検討する際の基礎知識となる内容です。

担当するのは大手クライアント企業の動画メディア運営等に携わっている株式会社Viibarの高橋先生です


【講師プロフィール】

高橋 俊輔先生 株式会社Viibar 動画メディア事業部執行役員/プロデューサー

1986年、神奈川県出身。新卒でNHKに入局後、ディレクターとして番組制作に従事。SNSとテレビを融合させた取組みにも携わる。2014年、Viibarに入社。動画制作領域にて企画、制作管理、セールスなどを担当。現在は動画メディア事業部の執行役員として、動画メディア「bouncy」の運営や大手クライアント企業の動画メディア運営・立ち上げ支援等に携わっている。


授業一覧
動画メディアのトレンド
2017年10月5日公開
01:00:00

この授業では、動画メディアの最新事例とトレンドについて学びます。

従来のようなWebサイトを核としたメディアではなく、「分散型」と呼ばれる動画メディアがここ数年注目されています。FacebookやInstagramなどのSNSや、ニュースアプリをコンテンツの消費先とする分散型の動画メディアにはどのような特徴があるのでしょうか。

Webメディア企業だけでなく、マーケターにとってもオウンド用の分散型メディアとして発展させられる可能性のある動画メディアについて基礎を学ぶことができます。

 

■授業で学ぶこと

・分散型動画メディアとは何か
・代表的な動画メディア
・動画メディアが活用するプラットフォーム
・クラアイントサイドにとっての動画メディアの可能性

 

※授業内容は予告なく変更される場合があります。

動画メディアの運営手法
2017年10月12日公開
00:50:00

この授業では動画を用いたメディア運営の事例として、Viibarが運営するメディア「bouncy」や、運営支援を行っている「Spolay」、「NHK 1.5ch」を例に、メディア運営の実例からその手法を学びます。

また、メディア企業ではない一般企業が動画を活用したコンテンツマーケティングの事例なども参考にしながら、動画メディアを活用する可能性について具体的に学んでいきます。

 

※授業内容は予告なく変更される場合があります。

  • オープニング
  • 00:21
  • この授業のゴール
  • 01:03
  • 自己紹介
  • 01:16
  • アジェンダ
  • 00:52
  • こんな方に向けた授業です
  • 01:26
  • 前回の復習
  • 05:48
  • スマホ動画をめぐる変化
  • 08:17
  • ”見られる”ための動画メディア運営の考え方
  • 00:21
  • ・見られるために必要な要素
  • 03:00
  • ・流通経路のケーススタディ
  • 10:16
  • ・運用/グロースハックのケーススタディ
  • 03:37
  • 動画メディア運営のために必要な体制
  • 00:32
  • ・必要な体制のポイント
  • 03:07
  • ・先生が行なっていること
  • 00:49
  • まとめ
  • 00:39
  • 質疑応答
  • 11:57
  • 次回授業のお知らせ
  • 00:34
  • エンディング
  • Q.ハッシュタグをどのように改善したのでしょうか?具体例をお教え頂けますか?
  • 02:17
  • Q.Instagramにおける動画メディアのハッシュタグ戦略で、重要なポイントはありますか?
  • 01:22
  • Q.コンテンツとプラットフォームの相性はコンテンツを作る前に再生回数などのデータなどで取得するのですか?
  • 01:01
  • Q.同じ流通経路であっても、スマホ向けかパソコン向けかで何かと変わってくると思うのですが、どんなことを気をつければいいでしょうか?
  • 01:51
  • Q.動画メディア運営の「5つの要素」を満たす体制は、世の中全体として、どの程度実現されているとお考えでしょうか?
  • 00:32
  • Q.bouncy的にはハッシュタグは日本語のほうがリーチが高いのでしょうか?
  • 00:22
  • Q.初歩的な質問ですが、FBなども含め無料で見てもらえると思いますが、どのようにして、 利益を上げるために消費者と繋げていくのでしょう?
  • 01:11
  • Q.再生ボタンを押さなくても無音で流れだす動画が最近多い気がしますが、そういう設定の仕方があるのでしょうか?
  • 01:06
  • Q.今のSNS動画普及が就職の選択肢拡大に寄与していますでしょうか?
公開準備中
動画メディアのつくりかた
2017年10月19日公開
00:50:00

この授業では第1回と第2回で学んだことの応用編として、分散型メディアを用いたコンテンツマーケティング手法を学びます。SNSで流すコンテンツをどのように制作するか、見る人たちの心に刺さり、シェアされる動画の作り方とは?という切り口で、コンテンツマーケティングで活用する、動画そのものの具体的な企画/制作のポイントを学ぶことができます。

 

※授業内容は予告なく変更される場合があります。

こんな人にオススメ
マーケター(初級)

広告代理店のアカウントプランナーの方や企業のマーケティング担当の方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

この授業を受けたい(702人)
その他 622人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×