マインドマップの教科書 基礎編 -イメージと連想で考える思考整理法-

マインドマップ 3つの特徴 -脳の第一言語を知り、日常の思考に活用する-

次回の生放送

オンラインでワールド・カフェ -ファシリテーションツールとしてのマインドマップ-

6 / 25 (月)

21:00 - 22:00

この生放送の内容

これまで学んできたマインドマップは一人で集中して描くものでしたが、今回は“個人”ではなく“集団”でのマインドマップの活用法がメインテーマ。ブレインストーミングなど、アイデアを発散させる場で、多くの人から寄せられたさまざまなアイデアを集約して、参加者それぞれ気づきを得られる場を作ります。今回、皆さんにはワールド・カフェの参加者になってマインドマップが議論の進行にどのような効果をもたらすか?を体感しながら学んでいただきます。

前シリーズでは「誰もが理想的に学べる社会を作るために何が必要か?」というテーマでワールド・カフェを開催しました。そのときの授業の様子は無料公開されていますので、授業前にぜひご受講ください。

▼マインドマップの教科書 入門編
https://schoo.jp/class/4637


【授業アジェンダ】
■講義
・ファシリテーションツールとしてのマインドマップ活用例
・ミーティングでのマインドマップの使い方とその効果

■実践
ワールド・カフェテーマ:『日本文化を次世代に引き継ぐために私たちに何ができるか?』
※授業内では受講生の皆さんと一緒にワールド・カフェをしながら上記のテーマに関して皆さんと話を深めていきたいと思っています。ぜひ積極的にご参加ください!


 

コース概要

第2シーズン開幕。マインドマップ活用をもう1段引き上げる知識を学ぼう。

2017年12月から4回にわたりマインドマップの活用方法や具体的な書き方を学んできた「マインドマップの教科書」。その第2シーズンの開講が決定しました。第1シーズンで学んできたマインドマップの基礎知識、具体的な書き方をベースに更に掘り下げた内容を習得していきます。

・マインドマップにイメージや色がふんだんに使われるのはなぜか?
・マインドマップは何故、思考整理・新たな発想に役立つのか?

第1シーズンを受講生した方の中にはこのような疑問を抱いた方も多くいらっしゃると思います。このシーズンでは、マインドマップに関するさまざまな疑問や、脳の関係なども学んでいきます。しっかり受講して、マインドマップの効果を最大限に活かす知識と、より効果的なマインドマップの活用方法を習得していきましょう。

今回もご担当いただく講師は「マインドマップの学校」主宰であり、日本マインドマップ界の草分け、塚原先生です。授業内では実際にマインドマップを書いてみる実践セクションもありますので、紙とペンを準備した上でご受講ください。


【講師プロフィール】
■塚原 美樹
株式会社ヒューマン・リスペクト 代表取締役

千葉県船橋市出身。
マインドマップの学校」代表、人材・組織開発コンサルタント、中小企業診断士。 
上智大学卒業後、メーカー勤務等を経て2004年に株式会社ヒューマン・リスペクトを創業。大手・中小企業等に、コンサルティング業務を展開。総登壇日数2,000回超、総計1万人超に対し講演・講義経験を持つ。
また、東京ビッグサイトにおける展示会メインステージ、全国の商工会議所、 経営者協会、ロータリークラブ等で、講演者としても多数指名を受けている。 
著書に「マインドマップ戦略入門〜視覚で身につける35のフレー ムワーク」(ダイヤモンド社)がある。  


※「マインドマップの教科書 入門編」はこちら。第4回授業は2月2日(金)21:00〜22:00に生放送されるほか、2月2日の授業開始までは第1〜3回の放送も無料で受講いただけますので、まだ受講したことのない方はこの機会にぜひご受講ください!

こんな人にオススメ

全般
考え始めると色々なアイデアが頭を巡って混乱してきてしまう方/マインドマップの活用法をもっと学びたい方

担当の先生

パーソナリティ

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

参加したい受講生 : 2099

タグ

サンプルファイル

授業で使用するファイル

第2回_宿題

※授業以外での利用は禁止します。

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

マインドマップ 3つの特徴 -脳の第一言語を知り、日常の思考に活用する-

2018年2月20日公開

60min.

【授業アジェンダ】
(1)【講義】マインドマップの考案者 トニー・ブザン
(2)【講義】マインドマップ 3つの特徴
(3)【講義】脳の第一言語
(4)【演習】1日の計画をマインドマップで考える
(5)  Q&A

 

先生

塚原 美樹

日々の思考整理、勉強、読書、アイデア、企画など、さまざまなことに使える脳のスイスアーミーナイフのようなマインドマップ。

「マインドマップの教科書 入門編」では、マインドマップを気軽に書き、少しずつ慣れていただきました。今回の基礎編では、マインドマップが「脳に自然な思考ツール」であることをしっかり理解していただくために、脳の仕組みや働きについても確認していきましょう。

マインドマップのさまざまな特徴は、脳の自然な働きを生かすためのもの。講義に参加しながら、「なるほど!」と自分自身の脳の動きについて、納得いくことがあるかもしれません。
入門編を受講した方も、今回初めてという方も、ぜひ、この講義に参加してみてくださいね。

Chiaki

ディレクター

Chiaki

大好評につき第2シーズンの開講が決定した「マインドマップの教科書」。今回も塚原先生にご登壇いただき全4回にわたって授業を放送していきます。

実は私もこの授業をきっかけにマインドマップを使い始めて、アイデア出しで活用しています。もやっとしていた思考がマインドマップを使うことで整理整頓されて、後で見直しても「???」という状態にならないので、今や業務になくてはならない存在になっています。

第1シーズン「マインドマップの教科書 入門編」の初回放送分は無料にてどなたでも受講できるようになっていますので、第2シーズンから参加の方はぜひそちらで予習してみてくださいね。

スライド資料

統合的思考ツールとしてのマインドマップ -俯瞰することで見えてくる問題解決の糸口-

2018年3月20日公開

60min.

【授業アジェンダ】
(1)前回の振り返り
(2)宿題の講評と質問への回答
(3)【講義】ゲシュタルトとは
(4)【演習】文章をマインドマップでまとめる
(5)Q&A

 

先生

塚原 美樹

日々の思考整理、勉強、読書、アイデア、企画など、さまざまなことに使える脳のスイスアーミーナイフのようなマインドマップ。

「マインドマップの教科書 入門編」では、マインドマップを気軽に書き、少しずつ慣れていただきました。今回の基礎編では、マインドマップが「脳に自然な思考ツール」であることをしっかり理解していただくために、脳の仕組みや働きについても確認していきましょう。

マインドマップのさまざまな特徴は、脳の自然な働きを生かすためのもの。講義に参加しながら、「なるほど!」と自分自身の脳の動きについて、納得いくことがあるかもしれません。
入門編を受講した方も、今回初めてという方も、ぜひ、この講義に参加してみてくださいね。

Chiaki

ディレクター

Chiaki

大好評につき第2シーズンの開講が決定した「マインドマップの教科書」。今回も塚原先生にご登壇いただき全4回にわたって授業を放送していきます。

実は私もこの授業をきっかけにマインドマップを使い始めて、アイデア出しで活用しています。もやっとしていた思考がマインドマップを使うことで整理整頓されて、後で見直しても「???」という状態にならないので、今や業務になくてはならない存在になっています。

第1シーズン「マインドマップの教科書 入門編」の初回放送分は無料にてどなたでも受講できるようになっていますので、第2シーズンから参加の方はぜひそちらで予習してみてくださいね。

スライド資料

マインドマップ 6つの法則 -効果を最大限に活かすためのルール-

2018年4月17日公開

60min.

【授業アジェンダ】
(1)前回の振り返り
(2)宿題の講評と質問への回答
(3)【講義】マインドマップ 6つの法則
(4)【演習】1日の振り返りのマインドマップ
(5)Q&A
 

先生

塚原 美樹

日々の思考整理、勉強、読書、アイデア、企画など、さまざまなことに使える脳のスイスアーミーナイフのようなマインドマップ。

「マインドマップの教科書 入門編」では、マインドマップを気軽に書き、少しずつ慣れていただきました。今回の基礎編では、マインドマップが「脳に自然な思考ツール」であることをしっかり理解していただくために、脳の仕組みや働きについても確認していきましょう。

マインドマップのさまざまな特徴は、脳の自然な働きを生かすためのもの。講義に参加しながら、「なるほど!」と自分自身の脳の動きについて、納得いくことがあるかもしれません。
入門編を受講した方も、今回初めてという方も、ぜひ、この講義に参加してみてくださいね。

Chiaki

ディレクター

Chiaki

大好評につき第2シーズンの開講が決定した「マインドマップの教科書」。今回も塚原先生にご登壇いただき全4回にわたって授業を放送していきます。

実は私もこの授業をきっかけにマインドマップを使い始めて、アイデア出しで活用しています。もやっとしていた思考がマインドマップを使うことで整理整頓されて、後で見直しても「???」という状態にならないので、今や業務になくてはならない存在になっています。

第1シーズン「マインドマップの教科書 入門編」の初回放送分は無料にてどなたでも受講できるようになっていますので、第2シーズンから参加の方はぜひそちらで予習してみてくださいね。

  • オープニング
  • 01:06
  • 自己紹介
  • 00:39
  • 【皆さんへの質問】① 宿題どうでしたか? ② 初めての人→どんな印象ですか? ③ 質問は?
  • 01:33
  • アジェンダ
  • 01:14
  • 前回の振り返り
  • 05:49
  • 宿題の講評
  • 15:20
  • 前回の質問への回答
  • 06:16
  • マインドマップ 6つの法則
  • 00:48
  • 法則1 用紙
  • 00:38
  • 法則2 線
  • 00:43
  • 法則3 言葉
  • 01:01
  • 法則4 イメージ
  • 01:15
  • 法則5 カラー
  • 00:23
  • 法則6 構造
  • 02:42
  • 守破離
  • 02:35
  • 脳の第一言語
  • 00:24
  • 脳のしている仕事
  • 00:42
  • 今日のテーマ:一日の振り返りを マインドマップで
  • 08:16
  • ポイント
  • 02:07
  • 宿題と復習方法
  • 03:24
  • Q.波のような線の区切りの基準はなんですか?
  • 00:23
  • Q.先生は、毎日こんな感じでマインドマップで振り返りか日記などを作っておられるのでしょうか?
  • 00:41
  • Q.これって学問的には心理学?
  • 00:26
  • Q.反対の意味合いのものが出てきた場合は、ブランチに載せないで反対矢印みたいな形で書いてもいいのでしょうか?
  • 00:38
  • Q.xmindなどのアプリケーションを使ってマインドマップを描くときの注意点を教えていただきたいです!(もし今日でお答えになるのが難しそうであれば、別授業でお聞きしたいです!)
  • 01:09
  • Q.マインドマップに、図が文字よりも圧縮できると、私も思っております。ですが図の表現の量が少ないです...。 マインドマップに使いやすい、 図のアイコンやイラスト集は、ありますか?
  • 01:36
  • 次回授業のお知らせ
  • 00:34
  • 先生からお知らせ

スライド資料

グループ・マインドマップ -個々人の多様性を活かす会議ツール-

2018年5月15日公開

60min.

【授業アジェンダ】
(1)前回の振り返り
(2)宿題の講評と質問への回答
(3)【講義】ダイバーシティとマインドマップ
(4)【講義】多様な意見を活かすマインドマップ会議術
(5)【演習】グループ・マインドマップ
(6)Q&A

先生

塚原 美樹

日々の思考整理、勉強、読書、アイデア、企画など、さまざまなことに使える脳のスイスアーミーナイフのようなマインドマップ。

「マインドマップの教科書 入門編」では、マインドマップを気軽に書き、少しずつ慣れていただきました。今回の基礎編では、マインドマップが「脳に自然な思考ツール」であることをしっかり理解していただくために、脳の仕組みや働きについても確認していきましょう。

マインドマップのさまざまな特徴は、脳の自然な働きを生かすためのもの。講義に参加しながら、「なるほど!」と自分自身の脳の動きについて、納得いくことがあるかもしれません。
入門編を受講した方も、今回初めてという方も、ぜひ、この講義に参加してみてくださいね。

Chiaki

ディレクター

Chiaki

大好評につき第2シーズンの開講が決定した「マインドマップの教科書」。今回も塚原先生にご登壇いただき全4回にわたって授業を放送していきます。

実は私もこの授業をきっかけにマインドマップを使い始めて、アイデア出しで活用しています。もやっとしていた思考がマインドマップを使うことで整理整頓されて、後で見直しても「???」という状態にならないので、今や業務になくてはならない存在になっています。

第1シーズン「マインドマップの教科書 入門編」の初回放送分は無料にてどなたでも受講できるようになっていますので、第2シーズンから参加の方はぜひそちらで予習してみてくださいね。

スライド資料

オンラインでワールド・カフェ -ファシリテーションツールとしてのマインドマップ-

2018年6月25日公開

60min.

生放送6月25日(月) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

これまで学んできたマインドマップは一人で集中して描くものでしたが、今回は“個人”ではなく“集団”でのマインドマップの活用法がメインテーマ。ブレインストーミングなど、アイデアを発散させる場で、多くの人から寄せられたさまざまなアイデアを集約して、参加者それぞれ気づきを得られる場を作ります。今回、皆さんにはワールド・カフェの参加者になってマインドマップが議論の進行にどのような効果をもたらすか?を体感しながら学んでいただきます。

前シリーズでは「誰もが理想的に学べる社会を作るために何が必要か?」というテーマでワールド・カフェを開催しました。そのときの授業の様子は無料公開されていますので、授業前にぜひご受講ください。

▼マインドマップの教科書 入門編
https://schoo.jp/class/4637


【授業アジェンダ】
■講義
・ファシリテーションツールとしてのマインドマップ活用例
・ミーティングでのマインドマップの使い方とその効果

■実践
ワールド・カフェテーマ:『日本文化を次世代に引き継ぐために私たちに何ができるか?』
※授業内では受講生の皆さんと一緒にワールド・カフェをしながら上記のテーマに関して皆さんと話を深めていきたいと思っています。ぜひ積極的にご参加ください!


 

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×