次世代リーダーが伝える福島の現状【第二回目:子ども編】

5週連続、福島から生放送!福島の今、そして未来に向き合おう。

schooで、復興への志と覚悟を持つ若もの向けリーダー育成プログラム「ふくしま復興塾」が、3.11震災3周年祈念として、震災・福島をテーマにした連続5回の授業を実施いたします。

子ども」「コミュニティ」「」の3つの観点で、現状と今後の課題・解決法を考える放送を実施します。
参加型で「今、日本に暮らす人々が改めて考えなければならないこと」を今一度見つめなおす機会を福島から全国世界に発信します。


第二回目のテーマは「子ども」。
ふくしま復興塾の一期生たちが立案した「からだあそび塾」をケーススタディにディスカッションを繰り広げます。
東日本大震災およびそれに伴う原発事故後、放射線への不安等から福島の子どもたちは身体を動かす機会を奪われており肥満の増加や運動能力・体力の低下といった問題が顕在化しているという背景があります。日常(自宅、近所)における身体を動かす機会を制限された結果とし て生じた子どもたちの運動不足を解決するために、どのようなことが考えられるかみなさんの意見を聞かせてください。

 

この授業で学べること

・被災地、福島の子ども、コミュニティ、食の現状

・福島で生まれつつある新しい社会の仕組み

・復興を担う若手リーダーのアクション

・復興にむけたふくしま復興塾のいままでの取り組み


 

 

この授業は全5回で開講します!

第一回目:3/6 放送【みんなで福島の今、そして未来に向き合おう】

第二回目:3/14放送【次世代リーダーが伝える福島の現状:子ども編】

第三回目:3/21放送【 次世代リーダーが伝える福島の現状:コミュニティ編】

第四回目:3/28放送【 次世代リーダーが伝える福島の現状:食(前編)】


第五回目:4/4 放送【 次世代リーダーが伝える福島の現状:食(後編)】


※ 授業タイトルや放送内容は、一部変更する可能性もございます。


 

詳細を開く
次世代リーダーが伝える福島の現状【第二回目:子ども編】
2014年3月14日公開
01:00:00
スライド資料
担当の先生