ゲストの夢をかなえた体験談

第1回|池谷幸雄さんの夢をかなえた体験談から学ぶ -夢スイッチ-

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【前半】授業
  • オープニング
  • 00:00:08〜(01:03)
  • 本日のゲストは池谷幸雄さん
  • 00:01:11〜(03:09)
  • 子供の頃の夢は仮面ライダー
  • 00:04:20〜(06:26)
  • 5年生の時に体操で生きていこうと思った
  • 00:10:46〜(07:16)
  • 高校生初の体操オリンピック出場
  • 00:18:02〜(17:48)
  • オリンピックについて
  • 00:35:50〜(04:16)
  • 緊張をどうコントロールするのか?
  • 00:40:06〜(07:20)
  • 骨折して医者に体操は出来ないと言われた
  • 00:47:26〜(09:20)
  • バルセロナオリンピックでのトラブル
  • 00:56:46〜(08:22)
  • 人生には2種類の生き方がある
  • 01:05:08〜(14:46)
  • 池谷さんからのお知らせ
  • 01:19:54〜(01:48)
  • 次回授業のお知らせ
  • 01:21:42〜(00:45)
  • 夢とは?
  • 01:22:27〜(01:28)
  • エンディング
  • 01:23:55〜
【後半】質疑応答
  • Q.他の子が羨ましいと思わなかったですか?
  • 00:11:36〜(50:23)
  • Q.池谷さんは、もしかしてナチュラルに自分好きな方ですか? どうやったらそういう風になれますか?
  • 01:01:59〜(08:44)
  • Q.結果を出した後に燃え尽き症候群のようになった事はありましたか? あったらどのように乗り越えたか教えて欲しいです。
  • 01:10:43〜(02:28)
  • Q.池谷さんならどんな分野でも成功されるんじゃないか?と思えてしまいますが、体操以外だったら何をやりますか?
  • 01:13:11〜(00:52)
  • Q.1日1食の中身について知りたいです。
  • 01:14:03〜(02:53)
  • Q.モチベーションの保ち方、パワーの保ち方を教えてください。
  • 01:16:56〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全14回 2018年9月27日公開
    池谷幸雄さんの夢をかなえた体験談から学ぶ -夢スイッチ-

    今回のゲストは体操 オリンピックメダリストの池谷幸雄さんです。

     

    池谷幸雄

    体操 オリンピックメダリスト


    池谷幸雄体操倶楽部 (株) 代表取締役
    特定非営利活動法人IGC 理事長
    (一社 )全日本ジュニア体操クラブ連盟 理事
    生年月日:昭和 45 年(1970 年)9月26 日
    出身地:東京都府中市
    最終学歴:日本体育大学 体育学部 体育学科
    血液型:O型
    趣味:ゴルフ・パチンコ・車
    サイズ:身長-170/体重-61/足-27/B-100/W-78/H-88


    昭和63年 ソウルオリンピック大会出場
    ・団体総合 3位 ・ 種目別ゆか 3位
    ・個人総合 8位 ・ 種目別跳馬 7位
    平成4年 バルセロナオリンピック大会出場
    ・団体総合 3位 ・ 種目別ゆか 2位
    ・種目別つり輪 7位


    4歳のころから体操を始め、小学校1年生の時、大阪に転居。
    その後、清風中学校・高校で才能が開花し1988年・ソウル五輪、1992年・バルセロナ五輪において、2大会連続でメダルを獲得するという、輝かし戦績を残した。
    2度のオリンピック出場でファンを魅了し続けてきたが、怪我との戦いが元で華々しい体操人生に終止符を打ち、1992年秋、タレント・池谷幸雄として第2の人生を歩み始め、CM、バラエティ、キャスターなどさまざまなジャンルに挑戦。
    2001年には「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し、2018年現在では15校の拠点を持ち、常時1300人の子ども達の指導をおこなう傍らオリンピックを目指す選手の育成もおこなっている。
    また、4歳~18歳まで弊校で鍛錬を積んだ第1期生の教え子・村上茉愛選手(現 日本体育大学4年)が、世界体操2017(カナダ)の種目別ゆか競技において日本女子では63年振りとなる金メダルを獲得、個人総合でも4位と健闘した。
    現在は芸能活動の他に、スポーツ振興や子ども教育問題に取り組み、「子供達の未来のために」をキャッチフレーズに社会貢献活動行っている。



    MCは実業家・作家の本田晃一さんです。

    ※生放送は無料会員登録で視聴できます。

    ※Schoo使い方ガイドはこちら

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!