オトナの性的義務教育 -TENGAヘルスケアと性をオープンに語ろう-

第1回|オナニー国勢調査から考える膣内射精障害 『オトナの性的義務教育』

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全3回 2018年9月28日公開
    オナニー国勢調査から考える膣内射精障害 『オトナの性的義務教育』

    第1回のテーマは「膣内射精障害」です。
    性生活において、男性にとっても女性にとっても重要な問題を専門家と一緒に考えます。

    ※授業内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

     

    先生

    西野 芙美

    性にまつわる話題はタブー視されがちですが、それゆえ悩みがあっても相談できず、一人で抱え込んでしまう方が多くいらっしゃいます。多様な価値観が共存する現代において、性のリテラシーを身につけることは、自分のためにも周囲のためにも大事なことです。スクーの授業で真面目に楽しく語り合うことで、新たな発見や悩み解消の緒を見つけていただければと思います。

    先生

    小堀 善友

    今回、膣内射精障害について授業をさせていただきます。射精障害は一般的な疾患であり、男性だけでなくパートナーである女性も苦しめる厄介な病気です。この病気に関する情報と、治療へのヒントを説明する予定です。

    受講生代表

    • 中田 有香

      中田 有香

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!