Future Discussion -議論を通じて『対人知性』を鍛える-

『コミュニティの力を使って男性美容を日本社会に浸透させるには?』をディスカッション

  • 第1回
    『コミュニティの力を使って男性美容を日本社会に浸透させるには?』をディスカッション
おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

授業
  • 先生自己紹介
  • 00:00:56〜(01:09)
  • ”議論メシ” とは?
  • 00:02:05〜(01:27)
  • Future Discussion とは?
  • 00:03:32〜(02:06)
  • この授業で鍛える4つの力
  • 00:05:38〜(03:09)
  • ディスカッションの流れ
  • 00:08:47〜(01:44)
  • 議論メシ 3つの文化
  • 00:10:31〜(01:56)
  • ゲスト紹介 株式会社THREE-M
  • 00:12:27〜(01:55)
  • 事前インプット
  • 00:14:22〜(05:17)
  • Q. 客層はどのあたりなんでしょう?
  • 00:19:39〜(04:25)
  • 【コミュニティの力を使って男性美容を日本社会に浸透させるには?】
  • 00:24:04〜(02:38)
  • SHUNのこだわり
  • 00:26:42〜(02:16)
  • コミュニティの定義
  • 00:28:58〜(02:19)
  • 男性特有の問題
  • 00:31:17〜(02:42)
  • 習慣化の難しさ
  • 00:33:59〜(01:24)
  • 【男性の皆さんへ質問】どのようなきっかけで商品を知ったら買いたいと思いますか?
  • 00:35:23〜(04:05)
  • SHUNが京都で作られている理由
  • 00:39:28〜(02:02)
  • コミュニティを上手に使って発信できている企業
  • 00:41:30〜(02:31)
  • 先生がゲストを呼んだワケ
  • 00:44:01〜(03:42)
  • 今後のビジョン
  • 00:47:43〜(02:50)
  • 男性美容のイメージ
  • 00:50:33〜(02:07)
  • オンライン活用法
  • 00:52:40〜(02:12)
  • 信頼感はどこから生まれる?
  • 00:54:52〜(03:50)
  • 「あたりまえ」を作る
  • 00:58:42〜(02:53)
  • 興味を引けるコミュニティ作り
  • 01:01:35〜(01:47)
  • 議事録を見ながら議論を振り返る
  • 01:03:22〜(04:14)
  • 具体的なアクションへ
  • 01:07:36〜(00:55)
  • コミュニティとは
  • 01:08:31〜(04:51)
  • どういう人たちをファンにするのか
  • 01:13:22〜(02:35)
  • 既存のファンと新規のファンをどう繋げるか
  • 01:15:57〜(03:31)
  • ディスカッション内容のまとめ
  • 01:19:28〜(02:24)
  • これまでのコメントの振り返り
  • 01:21:52〜(04:22)
  • 本日のMVCを選定
  • 01:26:14〜(03:39)
  • MVCの発表
  • 01:29:53〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全1回 2019年2月9日公開
    『コミュニティの力を使って男性美容を日本社会に浸透させるには?』をディスカッション

    【ディスカッションテーマ】
    コミュニティの力を使って男性美容を日本社会に浸透させるには?

     


    【今回のゲスト】
    村山 俊輔

    株式会社THREE-M  代表取締役/CEO
    (株)THREE-M 代表取締役。同志社大学卒/28歳  
    ◆機能に満ち溢れたシンプルケアをコンセプトに『SHUN(シュン)』という紳士専用トータルケアブランドを作っています。(2019年1月2日発売)
    ◆プロダクトデザイン・グラフィックデザイン担当。

    SHUNブランドサイト
    https://www.shun-kyoto.com/

    京都発の紳士用トータルケアブランド『SHUN』2019年1月2日より全国百貨店にて先行販売開始!
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000023168.html


    【アジェンダ】
    ①今回の授業のコンセプト説明
    ・Future Discussionの趣旨説明
    ・ゲスト登壇者の自己紹介
     

    ②テーマになっている企業のご紹介
    ・ゲスト企業の企業概要、事業内容、今後のVISION、現在抱えている課題をご紹介
    ・今回のディスカッションにおいて期待していることを発表

    ③テーマに関して出演者 & 受講生でディスカッション

    ④まとめ
    ・ディスカッションの中で出てきた未来を創っていく上でのヒントをピックアップ
    ・MVC(Most Valuable Commenter :授業内で一番気づきの多いコメントを残してくれた受講生)の発表  
     

    ※議論の流れは変更となる場合がございます。
    ※授業終了後も更に議論を深める場を準備する予定です。


     

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!