相手を尊重しながら主張する方法

第1回|言いづらいことを伝える方法

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全5回 2019年8月26日公開
    言いづらいことを伝える方法

    ■授業の流れ

    【講義】

    ・アサーティブとは
    ・アサーティブの活用領域
    ・どのように行うのかのガイドライン

    【ワークショップ】
    ・進捗報告のない新人・後輩の指導するには
    ・ベテラン社員の仕事の仕方を注意するには

     

     

     

    先生

    森田 汐生

    立場や価値観が異なる相手と対立するような場面で、私たちは自分の正当性を主張するために「攻撃する」か、相手との関係悪化を恐れて「沈黙する」かのどちらかになりがちです。そのどちらにもなることなく、自分の意見や気持ちを伝えるためのアサーティブなコミュニケーション方法を学びます。
    ビジネスの現場で、何と言えばよいかわからない、自分の言い方が問題で周囲を委縮させている、言いづらいことを言えずに飲み込んでいる、などの、対人関係の悩みや迷いにお答えします。

    受講生代表

    • 中田 有香

      中田 有香

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!