その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

第11回|「社会の混乱の中、何を指針に生きればいいのかわからない」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全27回 2020年4月25日公開
    「社会の混乱の中、何を指針に生きればいいのかわからない」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

    今回は「社会の混乱の中、何を指針に生きればいいのかわからない」という悩みを取り上げます。

     

    新型コロナウィルスにより、これまで当たり前に享受していた前提が崩れつつある今、私たちは”何をよすがに今日から生きるか”を改めて問い直すべきではないでしょうか。


    歴史の中で繰り返されてきた数々の”社会の混乱”を経て、人類はどのような叡智を得てきたのでしょうか。そしてその叡智の中に、私たちのこれからの”生きる指針”は見つかるのでしょうか。

     

    カミュの「ペスト」や「安心社会から信頼社会へ」(山岸俊男 著)を引用し、考察します。

     

    ※『「許せない人がおり、その人の事が頭から離れない」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。』より、急遽内容を変更してお届けします。

     

    ▼参考図書

    その悩み、哲学者がすでに答えを出しています   小林 昌平

     

    ペスト   カミュ

     

    安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方   山岸 俊男

     

    その悩み、哲学者がすでに答えを出しています (全27回)

    担当の先生

    受講生代表

    • 花海 志帆

      花海 志帆

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!