デザインセンスのいらないデザイン経営

第8回|多角的なポイントからみるデザイン経営(Andy × 西澤明洋)

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

授業

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全8回 2020年4月23日公開
    多角的なポイントからみるデザイン経営(Andy × 西澤明洋)

    人気シリーズ『デザインセンスのいらないデザイン経営』のスピンオフ対談企画が決定しました。

    全2回でお届けする本企画に両日とも出演するのは、クリエイティブディレクターのAndy氏です。

    2020年3月、特許庁よりビジネスパーソンに向けた、デザイン経営の事例集が発表されました。デザイン経営をいかに実践するのか、そこで生まれる課題と対策がまとめられたハンドブックとして話題になっています。

    しかしいわゆるデザイナーではない方にとって『デザイン経営』は、いまだ理解できない部分があり、また、いかに実践すべきかわからない点も多くあるのではないでしょうか。

    そこで本放送は、よりわかりやすく理解するためのポイントを対談形式で学びます。
    そこで本授業はモデレータとして、もともとテレビディレクターからデザイナーへと転身したAndy氏にお越しいただき、デザインのことが苦手なあなたの視点から、対談を進めます。

     

    ■出演する先生

    Andy / Office io COO /クリエイティブディレクター

    テレビ番組の制作会社ディレクターを経て、Web広告業界に転身した異質のキャリアを持つクリエイティブ・ディレクター。
    現在は「Art × Design」 をコンセプトに企業クリエイティブの総合ディレクションやブランディングを担当する。
    独特の着眼点で「?」を「!」にする発想・提案が得意。
    自主運営のメディアwe.では『会社では教えてくれないディレクションの話』や『ドラゴンボールビジネス論』などのシリーズで、クリエイティブ思考を発信中。

     

    西澤明洋 / ブランディングデザイナー

    1976年滋賀県生まれ。株式会社エイトブランディングデザイン代表。 「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、企業のブランド開発、商品開発、店舗開発など幅広いジャンルでのデザイン活動を行っている。主な仕事にクラフトビール「COEDO」、抹茶カフェ「nana’s green tea」、ヤマサ醤油「鮮度生活」、手織りじゅうたん「山形緞通」料理道具屋「釜浅商店」、スキンケア「ユースキン」、農業機械メーカー「OREC」、福岡「警固神社」など。グッドデザイン賞をはじめ、国内外100以上の賞を受賞。講演やセミナーなども多数行う。 著書に『ブランディングデザインの教科書』、『ブランドをデザインする!』(パイ インターナショナル)、『ブランドのはじめかた』『アイデアを実現させる建築的思考術』(日経BP社)など。

    先生

    西澤 明洋

    ブランディングデザインは、経営やビジネス全体を考えるデザインです。僕の仕事は、ブランディングを通じて経営や商品、サービスなどを企画しデザインする、クライアントのデザイン参謀のような存在です。デザインを経営に生かすにはどうすれば良いのか。一緒に考えていきましょう。

    受講生代表

    • 未定

      未定

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!