その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

第16回|「自分の”創造性”に行き詰まりを感じている」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全27回 2020年7月4日公開
    「自分の”創造性”に行き詰まりを感じている」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

    今回は「自分の”創造性”に行き詰まりを感じている」という悩みを取り上げます。
     
    仕事におけるクリエイティビティの重要性が叫ばれる昨今ですが、アイデアに詰まったり、ありきたりとしか思えない案しか出てこなかったり、自らの創造力や才能、オリジナリティに疑問を持ってしまう事があります。

    アイデアを生み出すフレームワークや方法論もありますが、人間の”創造性”について、過去の哲学者や思想家はどのような答えを出しているのでしょうか?そして、現代の私たちがそこから学び取れる事は何なのでしょうか?

    人類を人類たらしめてきた”創造性”といかに向き合うべきか、考察します。

     

    ▼参考図書

    その悩み、哲学者がすでに答えを出しています   小林 昌平

     

    時間と自由   ベルクソン

     

    暇と退屈の倫理学   國分 功一郎

    その悩み、哲学者がすでに答えを出しています (全27回)

    担当の先生

    受講生代表

    • 花海 志帆

      花海 志帆

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!