いまこそ読みたい「この書籍」

第8回|阿部広太郎さんの「いまこそ読みたい書籍」

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全11回 2020年7月10日公開
    阿部広太郎さんの「いまこそ読みたい書籍」

    今回ご登壇いただくのは、Schooでも大人気の阿部広太郎先生です。

    先生は、自らの仕事を「言葉の企画」と定義し、映画、テレビ、音楽、イベントなど、エンタメ領域からソーシャル領域まで越境しながら取り組んでおり、ご著書『心をつかむ超言葉術を題材にした、Schooでも人気のシリーズ授業をご担当されております。

    そんな阿部先生が「いまこそ読みたい書籍」は、ほぼ日刊イトイ新聞・著, 編集岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。(株式会社ほぼ日・刊)です。

    先生がこの本のどのような点を考察し、仕事に活かしてきたのか。

    60分間解説していただき、皆さんの明日の仕事に活用していきましょう。

    ■本授業のアジェンダ

    書籍紹介
    なぜ先生がこの書籍を選んだか? 
    「なぜ今読むのか?」また、先生の仕事から考察するポイント
    自分の仕事に活かせるポイント

    ▼今回紹介する書籍

    岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』ほぼ日刊イトイ新聞(著), (編集)(株式会社ほぼ日・刊)

     

    ▼先生プロフィール

    阿部広太郎先生(コピーライター)

    2008年、電通入社。人事局に配属されるも、クリエーティブ試験を突破し、入社2年目からコピーライターとして活動を開始。自らの仕事を「言葉の企画」と定義し、映画、テレビ、音楽、イベントなど、エンタメ領域からソーシャル領域まで越境しながら取り組んでいる。「今でしょ!」が話題になった東進ハイスクールのCM「生徒への檄文」篇の制作に携わる。その他にも、尾崎世界観率いるクリープハイプがフリーマガジン「R25」とコラボしてつくったテーマソング「二十九、三十」の企画。松居大悟監督による映画「アイスと雨音」、「君が君で君だ」のプロデュース。ソーシャルエンターテインメントの「ダイアログ」シリーズのクリエーティブディレクション。作詞家として「向井太一」や「さくらしめじ」に詞を提供。2015年より、BUKATSUDO講座「企画でメシを食っていく」を主宰。著書に『待っていても、はじまらない。-潔く前に進め』(弘文堂)。

    受講生代表

    • 花海 志帆

      花海 志帆

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!