Bridge the GAP -あなたのギャップを埋めるビジネス・テクノロジー番組-

第38回|人間中心型のスマートシティをどうデザインするか(出演者:熊谷 宏人)

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全38回 2020年9月28日公開
    人間中心型のスマートシティをどうデザインするか(出演者:熊谷 宏人)

    ■今週のGAP

    「人間中心型のスマートシティをどうデザインするか」

    GAP1:人間中心型のスマートシティとは具体的にどんなもの?
    GAP2:スマートシティはどのようにデザインしていくとよい?

     

    日本において、国が目指すべき未来社会の姿として「Society 5.0」が内閣により提唱されました。

     

    この「Society 5.0」やこれからのデジタル社会を語るときに事例として出てくるのが、今世界中からIT立国として注目されているエストニアです。エストニアでは政府主導でデジタル化がすすめられ、今オンラインでできないことは、結婚、離婚、不動産売買のみだと言われています。人間中心のデジタル社会がどのようにつくられていったのか、またそこに暮らす人々はどのようなマインドセットを行ってきたのか。15年に渡って政府と連携し、デジタルサービスをデザインしてきたVelvet社のサービスデザイナー、Joel Kotsjuba(ヨエル・コシューバ)氏をゲストにお迎えし、人間中心型のスマートシティをどのようにして作り上げてきたのか、リアルな声をお届けします。

     

    ※テーマは変更となる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ

    Bridge the GAP -あなたのギャップを埋めるビジネス・テクノロジー番組- (全38回)

    受講生代表

    • 田原 彩香

      田原 彩香

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!