『メモ活』著者:上阪徹さん

『メモ活』著者:上阪徹さん

  • 第1回
    『メモ活』著者:上阪徹さん
おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全1回 2020年12月9日公開
    『メモ活』著者:上阪徹さん

    今回取り上げる書籍は『メモ活』(上阪徹著 学研プラス)です。


    【書籍紹介】

    仕事の生産性がみるみる上がる!
    プロの書き手が教える究極のアウトプット術


    毎月、1冊本を書く。
    25年間、膨大な仕事をこなしながら「締め切り」を堅守し、圧倒的な結果を出し続けてきた上阪徹氏。
    氏の圧倒的なアウトプットの量・質を支えてきたのは、毎日の「メモ=メモ活」。
     その驚きの情報整理術を一挙公開します。


    ◎ノートは、たくさん書き込める「A4サイズ」がベスト
    ◎「アイデア」はデスクで考えない
    ◎「ゴール」「目的」を意識して書き込む
    ◎議事録はキーワードだけでつくる
    ◎ちょっとした約束も必ずメモする


    アイデア、ToDo、スケジュール管理、文書上達、自己分析……。
    どんなビジネスでも必ず役立つテク満載!


    ◎本書は、
    (1)要点をまとめる力がつく
    (2)思考を整理してアイデアを生み出す
    (3)目標を達成して夢を叶えたい人に、おすすめです。


    ◆目次
    第1章 「メモ活」の基本原則
    第2章 とにかくすぐに記録する「段取りメモ」
    第3章 A4ノートに記録する「要約メモ」
    第4章 速く、正確に記録する「スピードメモ」
    第5章 思考を加速させる「アイデアメモ」
    第6章 文章力の決め手「素材メモ」


    ◆著者より(はじめに)
    私のメモ術は、小難しいものではありません。
    とにかくなんでも メモをとる。
    どこかに保存する。
    それだけです。
    私は面倒くさがり なので、そうでなければ続きませんが、今も続いている。
    こんなに簡単なのに、人生を変えてしまうほどのインパクトを持っているメモ。
    ぜひ多くの人に、どんどんメモをとる活動 =「メモ活」にトライしていただけたらと思っています。

     

    上阪徹

    ブックライター
    1966年生まれ。
    早稲田大学卒業後、ワールド、リクルートグループなどを経て、94年よりフリー。
    これまでの取材人数は3000人を超える。
    毎月1冊本を書き続ける超速筆ライター。
    著書に『10倍速く書ける 超スピード文章術』(ダイヤモンド社)、『成城石井 世界の果てまで買い付けに』(自由国民社)、『職業、挑戦者 澤田貴司が初めて語る「ファミマ改革」』(東洋経済新報社)、『サイバーエージェント 突き抜けたリーダーが育つしくみ』(日本能率協会)、『JALの心づかい』(河出書房新社)、『社長の「まわり」の仕事術』(インプレス)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)など多数。 インタビュー集に累計40万部を突破した『プロ論。』シリーズ(徳間書店)、『外資系トップの仕事力』シリーズ(ダイヤモンド社)など。他の著者の本を取材して書き上げるブックライター作品も80冊以上に。

    『メモ活』著者:上阪徹さん (全1回)

    受講生代表

    • 中田 有香

      中田 有香

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!