文系でもわかる「統計学」超入門

第2回|ビジネスパーソンのナビゲーターとなる統計解析

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全2回 2021年2月26日公開
    ビジネスパーソンのナビゲーターとなる統計解析

    今回の授業は、ビジネスの意思決定の手助けとなる、実践で使える統計解析手法について学んでいきます。

     

    前回は、統計学がビジネスで使えるということ、そして、統計学を学ぶ上で最低限知っておきたい基礎知識について学んできました。

    ビジネスにおける調査には、データが不可欠であり傾向や特徴を掴むには、今回解説するコレスポンデンス分析や重回帰分析が必要になります。

     

    統計学の知識をしっかり会社や組織に応用するだけで、わからなかったデータの特徴が整理されネクストアクションが見えてきます。

    授業を通して実用性の高い統計学を学び、会社で使える分析手法を手に入れましょう。

    先生

    高橋 信

    お仕事に従事されている中で、「これからのビジネスはデータを活用して云々」「今後を勝ち抜くには統計学の知識が……」といった話をどこかで聞いたことがあるかもしれません。

    統計学の知識は、ないよりもあったほうが有益です。「でも、難しいんでしょ?」と思った方のために、このセミナーはあります。

    セミナーの構成は、「そもそも統計学はどのような学問なのか?」「統計学はどういう場面で使われているのか?」といったことから始まり、ちょっとした分析手法の紹介にまで至ります。

    セミナーを受講するにあたり、数学的な水準を心配する必要はありません。中学校程度の知識があれば大丈夫です。

    受講生代表

    • 花海 志帆

      花海 志帆

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!