“思い込み”を解消する、データ・リテラシーの鍛え方

第1回|統計・調査に潜む「罠」を見極めるためのデータ・リテラシー

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全2回 2021年5月11日公開
    統計・調査に潜む「罠」を見極めるためのデータ・リテラシー

    「内閣支持率○○%」「顧客満足度No.1」「○○人に○人が利用」…。日常的に目にするアンケート調査には、さまざまな「データの罠」が潜んでいます。

    テレビやネットで報道される「緊急100人アンケート」などは鵜呑みにしてしまうと、誤解や偏見につながってしまうことも。

    本授業では「アンケート調査」にフォーカスし、実例を挙げてデータの裏にある問題点を解説しながら、データ・リテラシーを鍛えるための考え方を学びます。

     

    先生

    田村 秀

    私たちは毎日、膨大な情報に囲まれ、様々なアンケート結果やランキングの数字を目にしています。しかし、これらの中には、データの罠、ランキングの罠といったものも少なくありません。ビッグデータ、データサイエンスという言葉が流布していますが、決して難解な数学や統計の知識がなければ理解できないわけでもありません。ここでは、実例を挙げてデータの裏にある問題点を解説し、無意識にデータを過信してしまい、思い込みで社会を見ないようにするための処方箋を提供します。算数レベルで、世の中は「正しく」見られます!

    受講生代表

    • 花海 志帆

      花海 志帆

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!