データ分析を活かすための「仮説」アプローチ

第1回|データ分析を活かすための「仮説」アプローチ

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全2回 2021年6月11日公開
    データ分析を活かすための「仮説」アプローチ

    今回は、データ分析に手を触れる前の必要な仮説立てについて学びます。

    「なぜ、仮説立てが必要なのか。」「データ活用に必要な仮説立てはどのような仮説なのか。」などデータに触れる前の仮説の重要なポイントについて解説します。

     

    分析作業を始める前に、どのような分析をすることでどのようなことができるのかを自ら仮説を立てると目的が生まれ分析計画を立てやすくすることができます。

    先生から仮説立ての重要性について学んでいきましょう。

    先生

    柏木 吉基

    自分の仕事でデータ分析を活用し、パフォーマンスを飛躍させたい。そう思っている皆さん、その答えは、「統計学」や「データサイエンス」の中にはありません。既に機械が覚えたり実行してくれる方法論や手段はもう人が価値を生み出す領域ではありません。ではどこで勝負すべきか、その本質を学びましょう!

    受講生代表

    • 中田 有香

      中田 有香

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!