情報収集ってどこまでやれば正解なの? - 情報収集のためのフレームワーク - おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

チャプターは後日追加予定です。今しばらくお待ちください。

情報収集ってどこまでやれば正解なの? - 情報収集のためのフレームワーク -

第1回目となる本授業では「情報収集ってどこまでやれば正解なの?-情報収集のためのフレームワーク-」と題し、情報収集におけるお悩みシーンをもとにフレームワークを学んでいきます。

授業冒頭では、
・「情報収集」で押さえておきたい3つのポイント
を教えていただき、メインワークの
・目的・目標設定のリアルタイムケーススタディ
に取り組んでいきます。

メインワークではあるお題に対し、受講生のみなさんへいくつか質問を問いかけながら、ビジネスフレームワークを活用した情報収集のやり方について学んでいきます。

今回初登壇のストラテジックプランナーの関口純平さんは、過去にフレームワークに悩みを持っていた1人ですが、今では教える側に立っております。ご自身の経験をもとに、受講生のみなさんの「フレームワークの悩みのリアル」を共有できる方として、本授業の学びをより深めるサポートをしていただきます。

そして、大好評だった『いい加減な人ほど生産性が上がる「超効率ハック」』の授業でもお馴染みの、プランニングディレクターの羽田康祐さんには、具体的に「どういう点がつまずく原因なのか?」「どういったやり方でうまくフレームワークを活用できるのか」など、受講生のみなさんとワークを伴走しながら解説いただきます。


情報収集をもっとうまく効率的にできるようになる「フレームワーク」を一緒に学んでいきましょう。




■講師

羽田 康祐さん
株式会社朝日広告社ストラテジックプランニング部プランニングディレクター
産業能率大学院経営情報学研究科修了(MBA)。日本マーケティング協会マーケティングマスターコース修了。外資系コンサルティングファームなどを経て現職。「外資系コンサルティングファームで培ったロジック」と「広告代理店で培った発想力」のハイブリッド思考を武器に、メーカー・金融・小売り等、幅広い業種のクライアントを支援。マーケティングやブランディング・ビジネス思考をテーマにしたブログ「Mission Driven Brand」を運営。ハンドルネームはk_bird。著書に『問題解決力を高める「推論」の技術』(フォレスト出版)などがある。
■Mission Driven Brand:https://www.missiondrivenbrand.jp/

 


関口 純平さん
株式会社朝日広告社ストラテジックプランナー
リサーチ・データ分析・戦略立案業務に従事。食品・エンタメ・アパレル・小売り企業・不動産・教育系など幅広くクライアント事業を支援。ウェブ解析士協会認定ウェブ解析士。『ブランディングの教科書: ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる』(kindle direct publishing)共著。

こんな時どうすればいい? 逆引きビジネスフレームワーク大全(全1回)

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF