顧客理解とはどういう「スキル」なのか おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

顧客理解とはどういう「スキル」なのか

ビジネスでは、顧客視点や顧客理解という言葉を日常的に使います。しかし顧客を理解するとは、何を理解することなのでしょうか。どうしたら価値のある新しいアイデアや企画が作れるのでしょうか。

 

今回は、人が新しい商品やサービス、モノやコトを「受け入れる」とはどういう事なのか、その時顧客にどんな変化が起こっているのかを解説します。

 

私たちは、良いアイデアを”作る”ことに集中してしまいがちです。しかしいくら頑張って考えたアイデアでも、受け入れられなければ意味がありません。視点を変えて、逆から考えてみましょう。つまり「受け入れる」とはどういうことなのか、新しいモノやコトが顧客の中でどう価値になるのかという【プロセス側】に目を向けてみましょう。

 

実は、顧客が新しい商品やサービスを受け入れるプロセスには、ある共通パターンがあります。そのパターンを理解することで、より良いアイデアを見つけたり、自身のアイデアを上司やクライアントに説明することができるようになります。今回の授業では、そういったチャンスを見つける視点の持ち方を解説します。

 

 

受講生代表

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF