個人と組織のパフォーマンスを最大限に引き出す方法 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

個人と組織のパフォーマンスを最大限に引き出す方法

みなさんは「人間力」と聞いて、どのように定義しますか?
どのような人のことを「人間力が高い人」だと思いますか?

属人的なその人だけの能力のように思いますが、この「人間力」が高ければ高いほど、組織の生産性は高くなり、周りに与える影響も大きくなります。
そして「人間力」は既存の考え方や思考習慣を変化させることによって、どなたでも高めることができるのです。
今回の授業では、願望や目標の達成を実現するためにどのように「人間力」を高めるべきか、その仕組みと方法論を学んでいきましょう。

■アジェンダ(予定)
・人間力/組織力とは何か
・パラダイム(思考の枠組み)が可能性を決める
・本質志向に軌道修正!(不易流行とは)
・ノリコエ課題を持つ!(ノリコロジーとは)

先生

大野 雅之

「自分にはどのような可能性があるのか」、そして、その可能性は「どう発見し、発揮すれば良いのか」、「そこに何らかの法則や秩序はないのか」、「それは、組織や集団に活かせないのか」・・・誰しもが一度は考えるテーマではないでしょうか。この講義では、「人間力」というコンセプチュアルツールを使って、これらの壮大な課題を解き明かします。

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF