10/22(Fri)

今日の生放送

物事はすべてロジカルに決めることができるのか?

論理と直感使い分けトレーニング

次回の生放送

ネーミングで論理と直感トレーニング

10 / 27 (水)

20:00 - 21:00

参加する

この生放送の内容

この授業では、著書「妄想国語辞典1,2」(扶桑社)がAmazon本総合ベストセラーとなり数々のメディアでも話題を呼び、多くの広告賞を授賞し数多に活躍なされているコピーライターの野澤幸司さんと一緒に、ネーミングを元に「ロジカルだけでは決められない答え」を導いていくトレーニング授業です。

授業は以下の流れでワークを行なっていきます。
ーーーーーーー
①お題を発表
②商品の名前(ネーミング)を直感で考えてみよう
③受講生のみなさんに直感で考えてもらったネーミングを野澤さんが論理的に添削
④もう一度、同じ商品の名前を「論理的視点」をふまえ考えてみよう
⑤改めてネーミングを野澤さんが添削
⑥野澤さんからのまとめ「出てきたアイデアに対して、理屈で説明できる」
ーーーーーーー


「これは論理的に決められる?やっぱり直感じゃないか?」
「直感でこれだ!と思うものをどう言語化できるのか?」
「こうなんじゃないか?」
「ここまではロジカルに言えるけど、最後の一押しが、、、」
など、ご参加いただく受講生のみなさんのコメントがこの授業の導かれる「答え」を作ります。

ぜひ一緒に思考を鍛えるトレーニングをやっていきましょう。

 

■講師

野澤 幸司さん
コピーライター
TCC審査委員長賞、TCC新人賞、毎日広告賞グランプリ、ACC賞、ACCクラフト賞、広告電通賞、読売広告賞、日経広告賞、カンヌシルバー、アドフェスト グランプリ、スパイクスアジア ゴールドなど。
著書「妄想国語辞典1,2」(扶桑社)がAmazon本総合ベストセラーに。そのほかに「同僚は宇宙人」(小学館)、「10分あったら、どう考える?」(大和出版)、「生き方のヒントをくれる赤ちゃんセンパイ」(KKロングセラーズ)などがある。

野澤 幸司

先生

野澤 幸司

コピーライターの野澤と申します。単なる表現ではなく、ちゃんと機能する名前をいっしょに見つけられたらと楽しみにしています。

コース概要

本コースはさまざまな講師をお招きし、あるお題に対し「論理的思考」「直感的発想」の2つの観点から考え・どんな決断ができるのか?を参加する受講生とともに導いていく1時間です。


論理的思考だけで導く答えは、面白みにかけていたり、新しい課題への解決策にははまらないものがあると思います。
しかし、直感的に「これだ!」と思ったものを
・どのように相手に伝えることができるのか?
・ロジカルな説明も踏まえてどう言葉にできるか?
といった届け方の課題もたくさんあるはずです。


そこで、このコースではさまざまな方々に「ロジカルだけでは決められない答えの導き方」をあらゆる方法を使って教えていただきます。
キャッチコピーを用いた導き方、ABテストを用いた方法などさまざまなやり方で「その日の答え」を導いていきます。


この授業にはあらかじめ「正解」はありません。
みなさんと一緒に思考をめぐらせ、正解を見つけ、それを伝える。
こういったトレーニングを繰り返し、ビジネスの場に活用できる思考力を鍛えることを目指します。
 

担当の先生

パーソナリティ

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

  • 岸田 彩加

    岸田 彩加

    スクー放送部

参加したい受講生 : 972

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

論理と直感使い分けトレーニング

2021年10月18日公開

60min.

この授業では、永谷園「Jリーグカレー」をはじめ、日本コカ・コーラ「ファンタ」、コンデナストジャパン「GQ Japan」、UHA味覚糖「さけるグミ」、福島県庁「TOKIOは言うぞ」など名だたるCMを手がけ、数々の賞を授賞し広告学校での講師や広告賞の審査員としてもご活躍なされている、井村光明さんと一緒に、「ロジカルだけでは決められない答え」を導いていくトレーニング授業です。

授業は以下の流れでワークを行なっていきます。
ーーーーーーー
①お題を発表
②2分でキャッチコピーを考えてみよう(面白いと思ったコピーの電球マークを押そう!)
③気になるコピーをピックアップ
④どうしてそれを選んだのか?(選ばれた方は)それをどうして考えたのか?
⑤コピーをより良いものにしてみよう!
⑥最後に、1番をみんなで決めてみよう
ーーーーーーー
※進行の関係上、生放送ではステップ④と⑤をまとめて行いました。


「これは論理的に決められる?やっぱり直感じゃないか?」
「直感でこれだ!と思うものをどう言語化できるのか?」
「こうなんじゃないか?」
「ここまではロジカルに言えるけど、最後の一押しが、、、」
など、ご参加いただく受講生のみなさんのコメントがこの授業の導かれる「答え」を作ります。

ぜひ一緒に思考を鍛えるトレーニングをやっていきましょう。

 

■講師

井村 光明 さん
博報堂 CMプランナー/コピーライター
1968年、広島県生まれ。東京大学農学部卒。主なCMに、永谷園「Jリーグカレー」、日本コカ・コーラ「ファンタ」、コンデナストジャパン「GQ Japan」、エムティーアイ「ルナルナ」、UHA味覚糖「さけるグミ」、福島県庁「TOKIOは言うぞ」、花王「シュッシュデント」、他TVショートフイルムなどを手掛ける。ACC賞グランプリ、TCC賞グランプリ、ADC賞、カンヌフィルム部門シルバーなどを受賞。2020年9月、広告学校での講師や広告賞の審査員としての経験から綴った勇気の出る企画術・文章術『面白いって何なんすか!?問題』をダイヤモンド社より上梓。

スライド資料

ネーミングで論理と直感トレーニング

2021年10月27日公開

60min.

生放送10月27日(水) 20:00 - 21:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

この授業では、著書「妄想国語辞典1,2」(扶桑社)がAmazon本総合ベストセラーとなり数々のメディアでも話題を呼び、多くの広告賞を授賞し数多に活躍なされているコピーライターの野澤幸司さんと一緒に、ネーミングを元に「ロジカルだけでは決められない答え」を導いていくトレーニング授業です。

授業は以下の流れでワークを行なっていきます。
ーーーーーーー
①お題を発表
②商品の名前(ネーミング)を直感で考えてみよう
③受講生のみなさんに直感で考えてもらったネーミングを野澤さんが論理的に添削
④もう一度、同じ商品の名前を「論理的視点」をふまえ考えてみよう
⑤改めてネーミングを野澤さんが添削
⑥野澤さんからのまとめ「出てきたアイデアに対して、理屈で説明できる」
ーーーーーーー


「これは論理的に決められる?やっぱり直感じゃないか?」
「直感でこれだ!と思うものをどう言語化できるのか?」
「こうなんじゃないか?」
「ここまではロジカルに言えるけど、最後の一押しが、、、」
など、ご参加いただく受講生のみなさんのコメントがこの授業の導かれる「答え」を作ります。

ぜひ一緒に思考を鍛えるトレーニングをやっていきましょう。

 

■講師

野澤 幸司さん
コピーライター
TCC審査委員長賞、TCC新人賞、毎日広告賞グランプリ、ACC賞、ACCクラフト賞、広告電通賞、読売広告賞、日経広告賞、カンヌシルバー、アドフェスト グランプリ、スパイクスアジア ゴールドなど。
著書「妄想国語辞典1,2」(扶桑社)がAmazon本総合ベストセラーに。そのほかに「同僚は宇宙人」(小学館)、「10分あったら、どう考える?」(大和出版)、「生き方のヒントをくれる赤ちゃんセンパイ」(KKロングセラーズ)などがある。

先生

野澤 幸司

コピーライターの野澤と申します。単なる表現ではなく、ちゃんと機能する名前をいっしょに見つけられたらと楽しみにしています。

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ