営業課題を改善する仮説のたて方 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

営業課題を改善する仮説のたて方

今回は、営業活動の課題に対しての仮説を考える方法について学んでいきます。

 

データ分析を行う営業は、まずは、マーケティングの観点も含めて課題を把握していきます(こちらの授業で解説)。その後、その課題に沿った仮説を立案していきます。また、場合によっては施策効果を先に考えて、仮説を立案することもあります。

仮説の立案には、顧客インサイトとして「行動変容」や「心理変容」など気持ちや行動を考えて立案していくことが重要になります。

 

授業では、その方法についてご紹介し、陥りがちなパターンなども皆さんに共有いたします。そして、仮説立案の実践も行います。

営業成績をデータで改善するためのビジネス力を習得し会社でも取り入れていきましょう。

受講生代表

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF