人とコンテンツをつなぐ「情報編集の学び方」

人とコンテンツをつなぐ「情報編集の学び方」

  • 第1回
    人とコンテンツをつなぐ「情報編集の学び方」
おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

チャプターは後日追加予定です
今しばらくお待ち下さい

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全1回 2021年7月21日公開
    人とコンテンツをつなぐ「情報編集の学び方」

    今回のテーマ「情報編集の学び方」

    情報と、それを届けたい人がいるとき、それら情報を編集する力が求められます。情報過多が指摘される現代ですが、この傾向が一層高まるとしたとき、コンテンツに携わる人だけでなく誰もがもつべき力と言えます。そこで今回は、書籍の編集者であり、ビジネス書のヒットメーカーである多根さんにお越しいただきます。常に何を意識して編集しているのか、書籍を届ける経験の中で見えてきたことをお話いただきます。

     

    先生

    多根 由希絵

    SBクリエイティブ 学芸書籍編集部 副編集長

    新卒時はプログラマーとして勤務。その後、日本実業出版社にてムック、雑誌(月刊「企業実務)、ウェブ、セミナーなどの担当ののち現職。担当作としては、『1分で話せ』(伊藤羊一さん著)52万部 『大人の語彙力ノート』(齋藤孝先生著)41万部 『本音で生きる』37万部 (堀江貴文さん著)『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文さん・落合陽一先生著)30万部 『読書する人だけがたどり着ける場所』(齋藤孝先生著)21万部、『2030年の世界地図帳』(落合陽一先生著)17万部など。

    人とコンテンツをつなぐ「情報編集の学び方」 (全1回)

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!