ただしい人類滅亡計画はどのようにして生まれたのか?

ただしい人類滅亡計画はどのようにして生まれたのか?

  • 第1回
    ただしい人類滅亡計画はどのようにして生まれたのか?
おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全1回 2021年8月17日公開
    ただしい人類滅亡計画はどのようにして生まれたのか?

    書籍「ただしい人類滅亡計画」について

    〈世界人口78億人突破! 〉
    どう滅ぼすか、みんなで一緒に考えよう!!!!!!

    ダ・ヴィンチ・恐山、小説家として待望の帰還!!
    突如降誕した魔王と、集められた10人の人間たち。
    読む者の“道徳"を揺さぶる、話し合いの幕が開く。

    【あらすじ】
    全能の魔王が現れ、10人の人間に「人類を滅ぼすか否か」の議論を強要する。結論が“理"を伴う場合、それが実現されるという。人類存続が前提になると思いきや、1人が「人類は滅亡すべきだ」と主張しはじめ……!?

    引用元:『ただしい人類滅亡計画』出版社 ‏ : ‎ イースト・プレス (2021/8/7)

     

     

    書籍「ただしい人類滅亡計画」はどのようにして生まれたのか

    今回は、本書籍の著者であり、オモコロの品田 遊さんにお越しいただき、書籍が生まれたプロセスについてお話いただきます。

    最初はnoteで連載された企画をもとにして生まれた本書籍を、形にしていく中で悩んだこと、議論したことなど、その裏側のプロセスをお話いただきます。

     

     

    先生

    品田 遊

    オモコロ

    労働をすることで賃金を得て生活しているが、特に労働が好きなわけではなく、賃金を貰うのが好き。

    ただしい人類滅亡計画はどのようにして生まれたのか? (全1回)

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!