成果を引き上げる「脳の使い方」習慣

第3回|成果を引き上げるには「Awe体験」を活用する

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全3回 2021年12月28日公開
    成果を引き上げるには「Awe体験」を活用する

    人は存在するだけで誰かの力になることが科学的にわかっています。
    それを「存在効果」、別の呼び方で「聴衆効果」といいます。
    そばに誰かがいて、自分を見てくれているだけで集中力が上がった経験はありませんか?

    それでは、これからの働き方の定番がリモートワークとハイブリッド型になる中で、同じ場所にいなくてもチームワークや共感をつくっていくためにはをどのような方法があるのでしょうか。
    今回は、脳科学の視点で考える「存在効果」と「オキシトシン」についてを学び、それを続けるための習慣を学びます。
     

    ■アジェンダ(予定)
    ・「存在効果」とはなにか?
    ・これからの働き方の中での共感の醸成
    ・「存在効果」と「オキシトシン」について
    ・習慣のつくり方

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!