分析で失敗したくないマーケターのための「データ活用ステップ」

第2回|事例から分析結果を評価しアクションプランを立ててみよう

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

ここには授業中のやりとりが表示されます

生放送でのコメントが再生されています

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全3回 2021年9月8日公開
    事例から分析結果を評価しアクションプランを立ててみよう

    今回は、データを解釈する基本的なスタンスとアクションプランの立て方について紹介します。

    データを解釈するときは、まず結果に正当性があるかを確認します。「サンプル数は十分か」「分析・比較データの要素は統一された条件か」など確認する項目があります。こうしたデータの定義やチェックを怠ると報告や議論にならず失敗してしまいます。

    また、仮説検証バイアスや因果関係にも注意しながら分析をおこなって行く必要があります。

     

    上記を行った上で、データを解釈しアクションプランを立てて行く必要がありますが、解釈には経験やコツが必要でアクションプランは解釈を基に最適な施策を考えなければなりません。

     

    様々なアプリのグロースハックをデータを基に推進してきた、稲田宙人さんを先生としてお迎えし「データを分析する前のチェック」や「解釈の方法や観点」「アクションプランの策定」をご紹介いただきます。実例を基にして、皆さんと一緒に議論を通じながら授業を行いますので、コメント欄から自由に意見を出していきましょう。

     

    マーケティングを行う上で、解釈とアクションプランの考察は大変重要になります。解釈から施策推進のヒントを得て、自社のマーケティング開発につなげていきましょう。

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!