「急なお願い」「意見指摘」「催促」が上手く“伝わる”文章 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

「急なお願い」「意見指摘」「催促」が上手く“伝わる”文章

本授業では、「相手の表情や状況が見えないなかでの文字でのコミュニケーション力」と「実践シーンでのメール・チャット文章の書き方」をテーマに授業を行います。

 

メールやチャットに限らず、文章で人とコミュニケーションを図る上で押さえなければならない本質があります。それは、「相手の立場に立つこと」。リモートワークで相手の状況が読めないことはありますが、相手の立場に立つことで最速で結果を残すことができます。

今回の授業では、上記の本質を捉えた上で、「急なお願い」「意見・指摘」「催促」のシーンを切り取って、これまで送っていた文章を省みながら、適切な文章の“型”を習得していきます。

 

「相手の立場にたった」文章を送ることで、結果的に生産性高く大きな結果や成果を得ることができます。

授業を通して、本質を見直すだけでなく実践的なテクニックや型を身に着けて、明日から長期的な関係性を築ける文章作成をしていきましょう。

受講生代表

  • 岸田 彩加

    岸田 彩加

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF