指標づくりの失敗事例と「怪しい」値の掘り起こし方 おためし受講中

指標づくりの失敗事例と「怪しい」値の掘り起こし方

この授業では、「データから振り返りを行う際の分析の仕方を学ぶ」をテーマに、正しいデータ指標を見ているか確認する方法と外れ値や異常値といわれる「傾向から外れた値」を見つける方法、そして「なぜ、異常値や外れ値が発生したのか」を考えるフレームワークをご紹介いたします。

 

この授業を受けることで、データをぼんやりと見ているのではなくデータ指し示す「示唆」を出す武器、「管理図」「ヒストグラム」を身につけ明日から会社でもつかっていきましょう。

 


■授業アジェンダ

1. あなたのデータ活用、上手くいっていますか
データの集計や分析で迷子になるとき
┗データ活用の成否は指標(データの集計結果など)次第

2.見ている指標が正しいかを確かめる
指標づくりの失敗事例から学ぶ2つの失敗ポイント(キャッシュ&アクション)
指標を作りかえたらデータ活用が促進した事例のご紹介

3.モニタリングしている指標が異常かどうかを判断する方法
正しい指標を見ていたとしても、異常値、外れ値かどうか判断しなければならない
「管理図」「ヒストグラム」で異常値や外れ値を判断する方法について紹介・実演

4.データから根本原因を考えるフレームワーク〜データロジックツリー〜
数値が異常であるとわかったら、ロジックツリーで根本原因を追求
受講生と一緒に議論を通じてロジックツリーを完成するワークで実演

 

■講師

高橋 威知郎

データネクロマンサー

株式会社セールスアナリティクス 代表取締役 データネクロマンサー 内閣府(旧総理府)およびコンサルティングファーム、大手情報通信業などを経て現職。約20年間、一貫してデータ分析に携わる。現在は、営業やマーケティング、生産、開発などの現場における地に足がついたデータ分析・活用(データドリブン化)の支援を実施。

 

先生

高橋 威知郎

DXに突き進む中で大きな壁の1つにデータ活用があります。
データ活用の大半は単純な「見える化」で事足ります。
しかし、闇雲に「見える化」に突き進むと、データ集計・分析疲れに終わり何も価値を生み出さないケースが多いです。
ではどうすればいいのか?
今回はその解決策を提示します。

受講生代表

  • 岸田 彩加

    岸田 彩加

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF