データから変化を読み解く「示唆出しトレーニング」

第2回|データから気づくコツは「違和感」のキャッチ

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全3回 2021年11月7日公開
    データから気づくコツは「違和感」のキャッチ

    この授業では、「違和感から、示唆出しは始まる」をテーマに、データから示唆を導く方法について解説します。

     

    「データからの示唆は?」と言われても、何をすればいいのか悩んでしまうことはないでしょうか。会議や打ち合わせで、日次や月次の売上データを見せられて「気づくことはないか?」「どんなことが考えられる?」などと言われてもすぐで出てくる方も多くないでしょう。

     

    そのため、今回は、日常の題材をもとに、示唆出しの考え方を解説した後に、実際のデータから示唆を出すコツについてお話します

     

    この授業を受けることで、現場での実践に活きる、「示唆出しの考え方」を学ぶことができます。会社のミーティングでの、鋭い示唆出しに繋げていきましょう。

     

    ※受講に際して、データ分析や統計学の事前知識は必要としませんので、気楽にご参加ください。


    ■講師

    横井 忠泰

    データマーケティングディレクター / データシェフ

    慶應義塾大学卒業。2014年博報堂プロダクツ入社。データ分析からクリエイティブ企画まで一気通関で手がける。データを用いたマーケティング戦略の立案・UI/UXのプランニングに従事。

    先生

    横井 忠泰

    示唆出しは、実は日常的に、ほぼ無意識に使っているスキルです。文系出身の私だからこその表現で、わかりやすくお伝えできればと思っています。

    受講生代表

    • 岸田 彩加

      岸田 彩加

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!