「1on1」に不可欠な心理的安全性と心理的柔軟性

相手に寄り添った「1on1」をデザインするには

  • 第1回
    相手に寄り添った「1on1」をデザインするには
おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全1回 2022年3月8日公開
    相手に寄り添った「1on1」をデザインするには

    世の中はどんどん変わってきています。
    職場を選ばない働き方や、隣で会話しながら教わっていくスタイルのコミュニケーションは今や成り立ちません。
    そんな時に有効活用したいのがメンバーとの「1on1」です。
    「1on1」は面談とは異なります。
    それぞれにおいて、この場でどういう結果を握るのか、メンバーとの目的を一緒に作り上げる場です。
    そのような機会にどのように振る舞ったらいいのでしょうか。

    リモートワークで相手の状況や背景がわからない中仕事をするのは誰にとっても難しいです。
    ですが、知ろうとしないことや信頼関係を築こうとしないでいると、認識の違いやコミュニケーションの齟齬が生まれてより仕事の効率や心の安全性が保たれないことも事実です。
    そこで今回の授業では、「1on1」をより効果的に活用するために必要な心構えから行動まで、みなさんとディスカッションをしながら話を進めていきます。

    ■アジェンダ(予定)
    ・目的に見合った1on1をマネジメントする
    ・面談と1on1の違いとは
    ・心理的安全性や心理的柔軟性がどう信頼関係につながっているのか
    ・どうしたら心理的安全性や心理的柔軟性を保てるのか
    ・使えるスキルやテクニック
    ・質疑応答

    「1on1」に不可欠な心理的安全性と心理的柔軟性 (全1回)

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!