ありがちな偏見のワナ -脱出ワークショップ-

ありがちな偏見のワナ -脱出ワークショップ-

  • 第1回
    ありがちな偏見のワナ -脱出ワークショップ-
おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全1回 2022年4月26日公開
    ありがちな偏見のワナ -脱出ワークショップ-

    無意識のバイアス(偏見)があることは、みなさんもなんとなくでもわかっていると思います。
    では、よくありがちな偏見とはどういうものでしょうか。
    みなさんもご経験されたことはありませんか?

    今回の授業では、「無意識のバイアス」について会社では今さら聞きにくいような基本的なお話から、企業が行う施策よりも個人はどのように行動できるのか、そしてどうしたらバイアスを和らげられるのか、教えていただきます。

    蓮見さんがこれまで、様々な企業で行ってきたフレームワークを使ったワークショップで、みなさんのありがちな偏見を解いていきましょう。

    ■アジェンダ(予定)
    ・多様性の受容が叫ばれるわけ
    ・無意識のバイアスとは
    ・個人ができること
    ・偏見に気づくためのワークショップ
    ・質疑応答

    先生

    蓮見 勇太

    皆さん、こんにちは、

    偏見やダイバーシティについて考えるこの授業に関心を持ってくださりありがとうございます。

    ダイバーシティ&インクルージョン(多様性とその違いを活かす)が日本でも頻繁に議論され、メディアでも取り上げられる機会が増えてきました。その中で無意識の偏見(バイアス)が注目されることがあります。

    私たちは自分が受けた教育や育ってきた環境によって、「ものさし」ができあがります。意識をしていないと、それによって「XXすべき」「●●は当たり前」と言ったように物事や他人を測ってしまったり、時には自分を枠にあてはめて動きにくくなってしまうことがあります。

    今回の授業では一緒にバイアスに「気づく⇒和らげる⇒行動を変える」のジャーニーを一緒に旅できるような内容にしていきたいと思っています。

    皆さんとご一緒できることを楽しみにしています。

    ありがちな偏見のワナ -脱出ワークショップ- (全1回)

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!