田中秀臣の最新経済ニュース

第56回|「“悪い円安”でご誘導するマスコミ、ウクライナ戦争に乗じる財務省」(2022年5月号)

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    教材はありません

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全59回 2022年5月5日公開
    「“悪い円安”でご誘導するマスコミ、ウクライナ戦争に乗じる財務省」(2022年5月号)

    ■授業の狙い
    「毎月受講すると、世の中の仕組みが少しずつわかってくる」
    最新の経済ニュース/ 世界情勢ニュースに関して田中秀臣先生が深掘り解説。
    今の社会、世の中の仕組みについて、視界を広げていきます。


    ■本日の授業の流れ

    「“悪い円安”でご誘導するマスコミ、ウクライナ戦争に乗じる財務省」

    1 悪い円安というマスコミの反金融緩和、ウクライナ戦争に乗じる財務省の緊縮財政

    →ウクライナ戦争と、コロナ後の世界的なインフレ不安によって、円安が進行しています。商品やサービスの値上げを引き起こす「悪い円安」との報道も相次いでいますが、金融緩和を維持する日銀の政策、そして財務省との関係をどう考えれば良いでしょうか。

    2 イーロン・マスクのtwitter買収の経済学

    →世界一の大富豪でありテスラCEOのイーロン・マスク氏が、総額440億ドルでTwitterを買収する動きが注目を集め続けています。マスク氏はTwitterをもっと自由な言論の場にすることを掲げていますが、経済学でこの買収劇を斬るとどうなるのでしょうか。

    3 牛丼とかき揚げそばの値段と経済学

    →安くて美味しい外食の象徴、牛丼とかき揚げそば。すでに牛丼チェーンで値上げが報じられています。原材料やエネルギー価格の高騰、円安が背景にあるとされますが、世界情勢、世界経済が不安定な中、私たちの暮らしはどうなっていくのでしょうか。

     

    田中秀臣の最新経済ニュース (全59回)

    受講生代表

    • 徳田 葵

      徳田 葵

      スクー放送部

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!