Excelで鍛える統計思考

第1回|要約統計量とデータ可視化の重要性

おためし受講中
  • 授業で使用する教材

    ※授業以外での利用は禁止します

「授業フィードバック」で、授業の感想を教えてください!

チュートリアルは、こちらの「その他のオプション」からいつでも確認いただけます。

コピーしました!

この授業にはタイムラインはありません

アジェンダ
  • 自己紹介
  • 00:00:23〜(01:13)
  • 本授業の概要と本コースの流れ
  • 00:01:36〜(01:51)
  • データの集計/可視化のデータ活用における重要性
  • 00:03:27〜(00:43)
  • 要約統計量とは?
  • 00:04:10〜(00:52)
  • データの重心を知る「平均値」
  • 00:05:02〜(00:52)
  • 極端な値の影響を受けにくい「中央値」
  • 00:05:54〜(00:42)
  • データのばらつきを把握する「分散」
  • 00:06:36〜(00:59)
  • ばらつきを具体的に解釈する「標準偏差」
  • 00:07:35〜(00:52)
  • 外れ値の存在を明らかにする「最大値・最小値」
  • 00:08:27〜(00:44)
  • データ可視化の重要性
  • 00:09:11〜(01:00)
  • データ可視化の種類
  • 00:10:11〜(00:15)
  • 変数の種類 連続変数とカテゴリカル変数
  • 00:10:26〜(00:34)
  • 1変数の傾向を把握する「ヒストグラム」
  • 00:11:00〜(00:59)
  • カテゴリ間の値の大小を比較する「棒グラフ」
  • 00:11:59〜(00:34)
  • 時系列的な推移と変化を表す「折れ線グラフ」
  • 00:12:33〜(00:16)
  • 2つのカテゴリカル変数の値の大きさを比較する「ヒートマップ」
  • 00:12:49〜(00:35)
  • 2つの連続変数との間の傾向を明らかにする「散布図」
  • 00:13:24〜(00:39)
  • 変数間の関係度合いを数値化する「相関係数」
  • 00:14:03〜(00:47)
  • 相関係数を解釈する際の注意点
  • 00:14:50〜(18:40)
  • 本授業のまとめ
  • 00:33:30〜
Excelハンズオン演習
  • 授業素材の確認
  • 00:16:54〜(00:46)
  • データの確認
  • 00:17:40〜(01:00)
  • 基本統計量の導出
  • 00:18:40〜(03:22)
  • ヒストグラムの作成
  • 00:22:02〜(01:28)
  • 棒グラフの作成
  • 00:23:30〜(01:23)
  • 棒グラフの書式設定における注意点
  • 00:24:53〜(00:44)
  • ヒートマップの作成
  • 00:25:37〜(02:09)
  • 散布図の作成
  • 00:27:46〜(01:21)
  • 相関行列の作成
  • 00:29:07〜

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    全3回 2022年8月11日公開
    要約統計量とデータ可視化の重要性

    平均値や中央値など特徴量を計算することでデータの傾向を知る『要約統計量』とデータ可視化の重要性について学びます。
    (授業で扱うExcel素材は下部よりダウンロードしご使用ください。)

     

    【受講対象者】
    全般


    【レベル感】
    データの集計や可視化は普段の業務で行なう。
    本授業では、データの読み方や解釈に自信を持つための武器として統計的な思考法について学びます。

     

    • 手元のデータの傾向を表すようやく要約統計量
    • 要約統計量と可視化グラフをセットでデータ分析を行う
    • Excelを活用してヒートマップ・相関行列を作成する方法

    教室画面の機能をご紹介します

    学習機能を活用して、効率よく学習しましょう!