3/26(Tue)

今日の生放送

Photoshopの色調補正(レタッチ)で画像を加工する方法

 

色調補正(レタッチ)とは?

Photoshopには、「色調補正(レタッチ)」という機能があります。色調補正とは、写真全体の色合いや明暗のバランスを整え、撮った写真を綺麗に加工する機能のことです。色調補正機能にはいくつかの種類があり、それぞれ大きな違いがあります。今日は5つの色調補正機能をの違いと使い方をご紹介します。
 

目次

1.Photoshopにおける色調補正の方法

2.明るさとは

3. コントラストとは

4. 彩度とは

5. 明度とは

6. 露出量とは

 

1. Photoshopにおける色調補正の方法

Photoshopの色調補正(レタッチ)で画像を加工する方法

今回はこちらの笑顔が素敵な女性の写真を元にご紹介していきます。

写真ファイルをPhotoshopに取り込んだら、上部のタブからイメージを選択し、色調補正を選択します。

Photoshopの色調補正(レタッチ)で画像を加工する方法

 

2. 明るさとは

文字通り、明るさを調整出来る機能です。天気が曇った日に撮った暗めの写真を、晴れた日に撮った写真のように加工する事が出来ます。

明るさ 高 ハイライト部分が拡がる
明るさ 低 シャドウ部分が拡がる

 

明るさ 高
Photoshop 色調補正(レタッチ) 明るさ

明るさ 低
Photoshop 色調補正(レタッチ) 明るさ

 

3. コントラストとは

コントラストでは画像の明るい部分と、暗い部分の「明るさの差」を調整出来ます。

コントラスト 高 ぱきっとメリハリが効いた写真になる
コントラスト 低 ふわっと落ち着きがある写真になる

 

コントラスト 高
Photoshop 色調補正(レタッチ) コントラスト

<コントラスト 低>
Photoshop 色調補正(レタッチ) コントラスト

 

 

4. 彩度とは

彩度では「色の鮮やかさ」を調整出来ます。

彩度 高 ビビットな色になる(例:緑ははっきりとした緑になる)
彩度 低 カラーのない白黒に近くなる

<彩度 高>
Photoshop 色調補正(レタッチ) 彩度

<彩度 低>
Photoshop 色調補正(レタッチ) 彩度

 

 

5. 明度とは

明るさとの違いがわかりづらい明度ですが、明るさが「光」の明るさであるのに対し、明度は「色」の明るさです。明度を上げ続けると写真は真っ白になり、下げ続けると真っ黒になります。

明度 高 写真に薄くて白い布を被せていくイメージ
明度 低 写真に薄くて黒い布を被せていくイメージ

 

<明度 高>
Photoshop 色調補正(レタッチ) 明度

<明度 低>
Photoshop 色調補正(レタッチ) 明度

 

6. 露出量とは

写真をフィルムから印画紙に焼き付けるときに照射する光の量のことです。Photoshopの露光量では照射量をシミュレーションし、写真全体の明るさを調整出来ます。

露光量 高 色みを残し、全体的に明るくする
露光量 低 色みを残し、全体的に暗くする

 

<露出量 高>
Photoshop 色調補正(レタッチ) 露出量

<露出量 低>
Photoshop 色調補正(レタッチ) 露出量

 


5つのPhotoshopの色調補正について理解出来ましたか?

ぜひPhotoshopの機能をうまく使いこなして、撮った写真を生まれ変わらせてみてくださいね。

 

 

Photoshopを使った画像加工スキルを向上させたい人必見!Photoshopを学ぶためのオンライン動画授業3選

グラフィックソフトでの画像加工に興味のあるあなたに、Photoshopを学ぶための授業3選をご紹介します! これらの授業を通じて、Photoshopの基礎知識から、「写真補正」の具体的な編集方法について理解することができます。 ぜひこれらの授業を受講し、Photoshopに関する知識を身につけましょう!

 

1.Photoshop入門

本授業はPhotoshopをこれから使えるようになりたい、もう一度基礎から学びたいという入門者の方向けの授業です。

具体的に画像ファイルで作業しながら、手順、機能の役割、基本概念などを身につけることで、今まで、気になっていたことも理解出来るようになります。まずは基本から学んでいきましょう。

 

2.C CHANNEL流 Photoshopを使った写真補正とタイポグラフィ実践

本授業では「C CHANNEL」デザイナーの本末 英樹先生をお招きし、Photoshopを使った「写真補正」や「タイポグラフィ」、C CHANNELだから教えられる“カワイイ”トレンドの加工テクニックについても学習していきます。


さらにデザイナーの新卒時代の苦労や体験談など、これからデザイナーを目指す方や新米デザイナーの方にオススメの授業です。

 

3.最新Photoshopで高機能デザインカンプ制作

本授業では、Photoshop画面をミラーリングできるAdobe公式アプリAbobe Previewや、タッチデバイズUIのためのPhotoshopCCの進化した機能を使用し、デザインカンプを制作する手法を学ぶことができます。

本授業から、WebやアプリのUIデザイナーを目指していきましょう。

 

4.これからのモバイルサイト UIデザイン基礎

この授業では、Webデザインを勉強している初心者の方、またはモバイルUIデザインを基礎から学びたい方を対象に、モバイルサイトデザインにスポットを当てて、UIデザインの基礎授業を講義と実技を交えながら学んでいきます。

 

いかがでしたでしょうか?

撮影したシンプルな画像も、Photoshopを用いて明るさ、彩度、コントラストなどを色調補正することで全く異なる印象の画像へと変えることができます。

そして今回ご紹介したこれらの授業を受講することで、その入り口となるPhotoshopに関する基本的な知識から具体的な補正方法まで身につけることが出来るでしょう。

さらに、これらの授業を通じて、自身がこれからPhotoshopをどのように実践していこうかを考えることも出来たのではないでしょうか?

スクーではこれら3つの授業以外にPhotoshopに関する授業を多数開講しています。 ぜひスクーでさまざまな授業を受講し、Photoshopに関する知見を深めていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン学部の記事一覧