10/18(Mon)

今日の生放送

<以下書き起こし全文>

これはグローバルのインターネットデバイスの表なのですが2011年には、すでにアメリカでスマートフォン利用者が半分以上でした。現在は日本も同じような状況ですね。

さらに、ユーザーのスマートフォンとデスクトップの利用率は、なんとデスクトップ27時間、スマートフォン34時間でスマートフォンの利用時間がデスクトップを逆転してしまいました。 そのような点から今レスポンシブデザインを考える時や、制作手法を考える時にはモバイルから考えなくてはいけないんですね。そのためにこういうデータは、何度も見て少しづつ頭を変えていく必要があります。

(次の資料)これ日本のブラウザデータでデスクトップでは一番上がIE(Internet Explorer)ですがスマートフォンになると圧倒的に1番上と2番目がiPhoneとAndroid。 なのでブラウザはほとんどWebキット系になっています。 これを考えると日本では利用者率でスマートフォンがデバイスを逆転してますから、ブラウザのシェアを考える時、デスクトップのシェアを重要視しない方向に、頭の考え方を変えなきゃいけないんですね。

メニュー

まとめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加